Yahoo!天気アプリ、環境省と気象庁から発表される「熱中症警戒アラート」と独自に算出した危険度レベルを発信する「熱中症情報」の通知を開始

〜 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の「おうち観戦」時の室内熱中症対策にも活用 〜

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供する「Yahoo!天気」アプリ(Android版、iOS版)は本日より、熱中症の危険性が極めて高いと予測された際に、環境省と気象庁から発表される「熱中症警戒アラート」の通知を開始しました。また、あわせて、Yahoo! JAPANが独自に算出した熱中症危険度レベルを発信する「熱中症情報」の通知も開始しました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 「熱中症警戒アラート」は、熱中症予防を目的として今年から全国で運用が開始された取り組みです。気温や湿度、輻射熱(日差し等)から算出される暑さ指数「WBGT」(※1)に基づき、熱中症の危険性が極めて高いと予測された際に発表されます。Yahoo! JAPANでは、まず6月30日に「Yahoo!防災速報」アプリ(Android版、iOS版)でプッシュ通知を開始しており(※2)、このたび「Yahoo!天気」アプリでも提供を開始しました。

 また、「Yahoo!天気」において「熱中症情報」のプッシュ通知も開始しました。「熱中症情報」は「WBGT」(※1)に準拠し、米国の基準の「Extreme(極めて危険)」を加えたYahoo! JAPAN独自の熱中症危険度のレベルを市区町村ごとに発信している情報です。熱中症危険度のレベルは6段階あり、「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」「極めて危険」の順に危険度が上昇します。どのレベルから通知を受信するかの設定が可能(※3)で、ユーザー一人ひとりがニーズに合わせた情報を取得できる仕組みです。

 気象庁によると、8月〜10月の気温は広い範囲で平年並か平年より高くなる見込みです(※4)。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)は、新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため1都1道4県(東京、神奈川、千葉、埼玉、福島、北海道)では無観客での開催となり、自宅で観戦する方が多くなる一方で、室内でも十分な熱中症対策が必要になります。

 平時は「熱中症情報」をもとに必要に応じた熱中症対策を実施し、「熱中症警戒アラート」を受信した際は、部屋の中でも昼夜問わずエアコンなどを使用する、のどが渇く前にこまめに水分をとるなど、対策の判断に活用できます。

 「Yahoo!天気」は、「熱中症警戒アラート」、「熱中症情報」の通知を通じて、ユーザーの生活はもとより、観戦者の方を含め東京2020大会に関わる皆様も快適に過ごせるようサポートしてまいります。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/615443/01_202107281546.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615443/02_202107281546.pdf