増える市民開発者を支える『Power Apps 支援サービス』を提供開始

〜ノーコード・ローコード開発ツールの利活用支援で企業のDX化を推進〜

 株式会社ソフトクリエイト(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:林 宗治、以下 ソフトクリエイト)は、マイクロソフトが提供する短時間でビジネスアプリの開発が可能なMicrosoft Power Appsの利活用を支援する「Power Apps 支援サービス」を2021年7月28日(水)より提供開始いたします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■背景

 日本企業において、IT部門の資源(ヒト、モノ、カネ)不足や非IT部門によるDX化推進を背景に「市民開発」と呼ばれるエンドユーザーによるアプリケーション開発のニーズが増えています。市民開発者はプログラミングの専門スキルが無くても「ノーコード・ローコード開発」という開発手法で業務アプリの構築を行っています。ノーコード・ローコード開発の代表的なプラットフォームが「Microsoft Power Apps」。ユーザ部門や業務部門が主体となり「Microsoft Power Apps」を利用した業務アプリ開発を行う企業が増えています。

■「Power Apps 支援サービス」概要

 Microsoft Power Appsの利活用支援サービス。業務アプリケーション開発に向けたトレーニングやアプリ作成の支援を行います。非エンジニアでも業務アプリ開発が行えるよう支援いたします。

・サービス名:Power Apps支援サービス

・URL: https://www.softcreate.co.jp/power-apps

・提供開始日:2021年7月28日(水)

・価格:お問合せください。

・提供内容:

[トレーニング]:Microsoft Power Appsによるアプリ作成のハンズオントレーニング。アプリ作成方法、ツールの使い方を習得でき、業務アプリ開発がお客様自身でできるようになります。

[アプリ作成]:アプリ開発にリソースがかけられない、そもそも作り方がわからないお客様に代わり業務アプリを作成いたします。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/615447/01_202107281559.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615447/02_202107281559.pdf