凸版印刷とWovn Technologies、Webサイト多言語化事業で協業

 Webサイト・アプリの多言語化ソリューションを提供するWovn Technologiesと、凸版印刷のウェブ制作ノウハウを掛け合わせ、多言語化事業の推進に向けた資本業務提携を実施

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、Webサイト・アプリの多言語化ソリューションを開発・提供するWovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:林 鷹治、以下 WOVN)と2021年6月に資本業務提携を行うことに合意しました。

 WOVNは複数の言語ごとにサイト制作費・運営費用をかけることなく、日本語の自社サイトの43言語・一括多言語化が高い精度での翻訳で可能となるサービスを提供しており、これまでに18,000以上のWebサイトで採用されています。

 また凸版印刷は、様々な業界の多様な顧客に向けて、Webサイトやコンテンツの編集・制作やWebキャンペーンの企画・実行、企業のデジタルマーケティングを支援してきました。

 このたび、WOVNとの資本業務提携を通じ、多言語化ソリューションと凸版印刷が持つ製品・サービスを組み合わせ、凸版印刷におけるDX支援事業を拡大していきます。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

■提携の背景

 現在、インターネット人口と、それを利用するECサイトは世界中でますます拡大しており、企業から顧客への情報発信を行う媒体として、Webの多言語化のニーズはここ数年で格段に向上しています。

 また、日本国内でも在留外国人の増加や外国人労働の増加などの背景もあり、企業からの情報発信も、日本語だけでなく、様々な言語での情報発信・対応が求められています。

 現在、WOVNの持つ多言語化ソリューションサービス「WOVN.io(※1)」、「WOVN.app(※2)」は、複数の言語分のサイト制作費・運営費用をかけることなく、日本語自社サイトの43言語一括多言語化が高い精度の翻訳で可能なサービスを提供しており、これまでに18,000以上のWebサイトで採用されています。

 また、凸版印刷は様々な業界の多様な顧客に向けて、印刷物の制作・発行はもとより、Webサイトやコンテンツの編集・制作やWebキャンペーンの企画・実行、企業のデジタルマーケティングを支援するとともに、2016年よりWOVNに出資、販売連携・共同サービス開発に取り組んできました。多言語化ニーズの向上・WOVNの成長に寄り添い、更なる連携を図るべく、この度追加出資を行い、協業を深化させます。

 WOVNの多言語化ソリューションと凸版印刷が持つ製品・サービスを組み合わせ、凸版印刷が制作したWebサイトを多言語化に対応させるなど、凸版印刷におけるDX支援事業のさらなる拡大を目指していくとともに、SDGsが示す「誰一人取り残されない」という原則や、凸版印刷がSDGsで目指す「ふれあい豊かでサスティナブルなくらし」に取り組み、社会課題に貢献していきます。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/615494/01_202107291105.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615494/02_202107291105.pdf