ExtraHop、Bain Capital Private EquityとCrosspoint Capital Partnersによる買収の完了を発表

成長中のNDR市場でExtraHopのリーダーシップが加速

 ※本資料は、米ワシントン州にて2021年7月22日(現地時間)に発表したプレスリリースの日本語抄訳版です

 クラウドネイティブのネットワーク脅威検知とレスポンス(NDR)を提供する米企業、ExtraHop Networks( https://www.extrahop.com/ja/ )(本社:米ワシントン州、読み方:エクストラホップ・ネットワークス、以下 ExtraHop)は本日、Bain Capital Private EquityとCrosspoint Capital Partnersによる同社の買収が完了したことを発表しました。今回の買収は、2021年6月8日に発表され、買収額は9億ドルとなりました。ExtraHopは新体制の下で勢いを加速させ、組織による高度な脅威の検知とレスポンスをサポートするというミッション遂行に向けてさらに精進する構えです。

 ExtraHopのCEOであるArif Kareemは次のように述べています。「ソフトウェアサプライチェーン攻撃や二重脅迫型ランサムウェアの増加を受け、組織や個人がセキュリティ対策の重要性を意識し始めており、高度な脅威に対する優勢性を取り戻す方法を積極的に模索しています。ExtraHopは、このような新興のサイバー攻撃防御をサポートできる独自のポジションを確立しています。Bain Capital Private EquityとCrosspoint Capital Partnersの新たなリソース、専門知識や財政サポートを得て、NDR市場におけるリーダーシップを拡大することで、お客様がサイバー攻撃に打ち勝てるよう、サポートとイノベーションを継続的に提供します。」

 ExtraHopのアジア太平洋・日本地域営業担当バイスプレジデント David Sajotoは次のように述べています。「本日の合意により、お客様による高度な脅威の検知とレスポンスをサポートするというExtraHopのミッションを加速するための結束が固まりました。また、NDRの価値と重要性が高まったことで、大企業や中小企業に対するサイバー攻撃者の優位性を覆すことが可能となります。今後は、Bain Capital Private EquityとCrosspoint Capital Partnersと協力しなから、ExtraHopの人材、パートナー、テクノロジーイノベーションに投資していくことに加え、アジア太平洋・日本地域における事業展開を拡大させる所存です。」

 Bain Capital Private EquityのマネージングディレクターであるDavid Humphrey氏( https://www.baincapitalprivateequity.com/people/david-humphrey )は次のように述べています。「NDRは、今日の急増する脅威にプロアクティブに対抗する手段として組織が強く求めるソリューションのひとつです。この分野の確かなリーダーであるExtraHopへの投資を非常に嬉しく思います。」

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615500/01_202107291129.pdf