紀陽銀行の住宅ローンにセイコーの電子契約サービス採用

〜ローン業務の印鑑レス・ペーパーレス化を実現〜

 セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)の金融機関向け電子契約サービス「融資クラウドプラットフォーム」(https://www.seiko-sol.co.jp/solution/loan-cloud/)が、このたび、株式会社紀陽銀行(取締役頭取:原口 裕之、本店:和歌山県和歌山市、以下 紀陽銀行)の住宅ローン手続きの印鑑レス、ペーパーレス化をサポートするためのサービスとして採用され、2021年8月2日より利用が開始されます。

 「融資クラウドプラットフォーム」は、金融機関の個人・法人向け融資手続きを受付から契約まで電子化・自動化するサービスです。標準化されたサービス機能を利用することにより、短期間での立ち上げを可能にします。

 紀陽銀行では、「融資クラウドプラットフォーム」の標準化されたサービス機能を用いて住宅ローン契約の電子的な締結を行うサービスを短期間で立ち上げることに成功しました。これにより、事務作業削減、業務効率化、ペーパーレス化を図ることができるようになり、お客さまの利便性向上にもつながることが期待できます。

 また同行では、さらなるサービス拡充を図るため、「融資クラウドプラットフォーム」を用いた事業性融資への電子契約利用拡大や、当座貸越取引申込のサービス構築を進めています。

 セイコーソリューションズは、「融資クラウドプラットフォーム」を含めた電子契約をはじめ、流通する電子データの信頼性を保証するサービス全般を「セイコートラストサービス」として展開しています。今後も、脱ハンコ、テレワークといった社会情報の変化やお客さまのニーズにあわせ、サービスの拡充を図り、企業の継続的な成長を積極的に支援していきます。

【融資クラウドプラットフォームの特長】

 >融資関連業務の電子化を共通サービスとして標準化しているので、低コスト・短期間での導入・運用が可能です。

 >Web申込み、電子契約サービス(金消契約、保証委託契約)、顧客用マイページなどがワンシステム化しているので、必要な機能の選択、関連業務の拡張が容易にできます。

 >個人向け融資契約、事業性融資契約など、契約の種類を問わず利用できます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615516/01_202107291205.pdf