アクロニス、MSPのワークプレイスコラボレーションサービスの強化を実現する Advanced File Sync and Shareを提供開始

最新のアドバンスドパックでは、電子署名、ブロックチェーンベースのデータ公証、コンプライアンス対応のデータセキュリティによりAcronis Cyber Protect Cloudの基本的なファイル共有サービスを拡張することで、MSPのサービスを強化

 ※本リリースは2021年7月28日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

 サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは本日、サービスプロバイダー向けソリューションAcronis Cyber Protect Cloudの新しいアドバンスドプロテクションパックをリリースしました。最新のAdvanced File Sync and Shareパックでは、Acronis Cyber Protect Cloudに含まれる基本的なファイル共有機能をベースに、ブロックチェーンベースのデータ公証や電子署名といった充実したデータセキュリティ機能が提供されるため、サービスプロバイダーはワークプレイスコラボレーションサービスを強化することができます。

 世界的に見ても、88%の組織が必要に迫られて在宅勤務の導入を進めており、この18か月間でセキュアなファイル同期・共有サービスに対する需要が急速に高まっています。さらに、同じく88%の従業員が、今後もリモートワークが一定程度維持されると考えています。これを受けて、67%の企業が、リモートワーク用ツールやWeb会議サービスにより多くの費用を費やしています。

 このような傾向は、中小企業にITサービスを提供するマネージドサービスプロバイダー(MSP)に好機をもたらす一方で、従来のファイル共有ソリューションではストレージロケーションの管理、データへのアクセス、データの利活用といった今日の企業が抱えるデータ保護の問題に対処できないという課題があります。

 アクロニスのボードアドバイザー兼最高収益責任者(CRO)を務めるヤン-ヤープ・イェーガー(Jan-Jaap “JJ” Jager)は次のように述べています。「さまざまな調査や傾向からも明らかなように、リモートワークの定着が進んでいます。このため、MSPに対しては、顧客の従業員が重要な社内データにアクセスおよび共有する際の生産性と安全性を確保する方法が求められます。サービスプロバイダー向けに構築されていない従来のファイル共有ソリューションと違って、Acronis Cyber Protect CloudとAdvanced File Sync and Shareパックは、階層化とマルチテナントを通じてMSPをサポートするセキュアな従業員向けコラボレーションサービスを提供します。また、バックアップ、サイバーセキュリティ、エンドポイント保護管理といった幅広い機能と統合されているため、パートナーは単一の管理コンソールから全てを提供することが可能です」

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615525/01_202107291230.pdf