ISID、「スマートソサエティセンター」を新設

〜スマートシティや自治体DX、脱炭素化などの社会課題対応型ビジネスを推進〜

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)は、スマートシティや自治体DX、脱炭素化などの社会課題対応型ビジネスの推進を目的として、2021年8月1日付で、全社横断部門であるX Innovation(クロスイノベーション)本部内に「スマートソサエティセンター」を新設します。

 少子高齢化・人口減少が進行する中、持続可能かつ豊かで活力あるまちづくりは自治体にとって大きなテーマです。このたび新設するスマートソサエティセンターは、街のICT基盤構築や自治体行政サービスのデジタル化、市民参加型合意形成プラットフォーム活用支援など、本領域における多くの導入実績を通じて培った知見や技術を集約した組織として、持続可能なまちづくりに向けたコンサルティングからITソリューション導入支援まで、全社横断で推進します。

 ※ロゴ・参考画像は添付の関連資料を参照

 ISIDグループはこれまで、複数自治体のスマートシティ事業に対しパートナーとして参画するほか、広島市と「地域のデジタル化等に関する包括連携協定」を締結した株式会社電通西日本をはじめ、国内電通グループ各社とともに、各都道府県の庁内DXや自治体行政サービスのデジタル化、地域のデジタル化案件を推進してきました。

 今後、スマートソサエティセンターでは、電通グループ各社が有する多様な人材と専門性を生かした各種サービスと連携し、行政や地域のデジタル化と、サステナブルな地域経済エコシステム構築を実現するための具体的なサービスモデル開発からシステム実装、運営まで並走し、課題解決型ソリューションをワンストップで支援してまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/615562/01_202107291548.PNG

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/615562/02_202107291548.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615562/03_202107291548.pdf