SMB向けのオールSSD搭載NAS 第二世代「AXELBOX(アクセルボックス)シリーズ」の販売を開始

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 テックウインド株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:王 夢周)は、QNAP製TS-73AシリーズNASに、Western Digital製のNAS向けSSD WD Redを自社工場でキッティングした、第二世代となる次世代型高速NAS「AXELBOX(アクセルボックス)」シリーズの販売を開始いたします。オールSSD+10GbEの環境をSMB向けにお求めやすい価格で実現した第二世代の「AXELBOX」シリーズは、QNAP法人向けNAS製品取り扱いの各販売店、および流通商社を通じて本日より販売を開始いたします。

■AXELBOX(アクセルボックス)シリーズとは

 AXELBOX(アクセルボックス)は、10GbE対応、オールSSD搭載とすることで本来のNASの役割を最大限に向上させた中小企業向け次世代型高速NASです。ファイルの共有・一元管理だけでなく、データのバックアップ先として幅広く活用されているNASを高速化することで、大量のデータのやり取り、動画ファイルなどの大容量のデータの保存・編集、30名程度までの複数人同時アクセスでも快適なデータ活用環境を提供し、中小・中堅企業でのNAS導入のメリットを最大化させることができます。

 第二世代となるAXELBOX(アクセルボックス)は、20年以上に渡るWestern Digitalの正規販売代理店としての販売経験と、QNAP製NASの国内販売No.1の実績を基に弊社テックウインドが、QNAPの『TS‐x73Aシリーズ』NASに、NASユーザー向けに設計されたWestern Digital製の最新WD Red(TM)SA500 NAS SATA SSDを国内自社組み立て工場(所在地:埼玉県春日部市)でキッティングし、RAID構成のセッティングまで行いますので、納品後すぐにお使いいただけます。また、国内自社組み立て工場は、ISO9001を取得し、ITデバイス製造の経験豊富なスタッフが厳密な工程でキッティングとエージングを行っており、3年間の標準保証(後出しセンドバック)もご用意しています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/615565/01_202107291557.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615565/02_202107291557.pdf