欧州・中東・アフリカ・中南米の海外事業を統括する新会社「NTT DATA EMEAL」を設立

 株式会社NTTデータ(代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)は2021年9月14日に欧州・中東・アフリカ・中南米地域(以下:EMEAL地域(注1))の地域統括会社「NTT DATA EMEAL」を新たに設立します。同社は、EMEAL地域の25カ国38,000人の社員と、NTTデータグループ各社が進めてきた30億ユーロ規模の事業を統括します。

 同社設立によるEMEAL地域における事業運営の統合は、当社グループがより一体的なグローバル事業展開をするための重要な一歩です。私たちは、One NTT DATAとして全ての顧客に最適な、より価値の高いサービスを提供できるよう引き続き歩みを進めます。

【NTT DATA EMEALについて】

 EMEAL地域における当社グループの事業運営を統合するため、2021年9月14日にNTT DATA EMEALを設立します。傘下に現everis(注2)とNTT DATA EMEA(注3)を配します。なお、CEOには現everis CEOのFriedrich Hoderlein Cabistanyが就任します。

 同社設立の具体的な目的は以下の通りです。

 ◆ グループビジョン・バリューの浸透(注4)

 ◆ 組織の簡素化および体制強化

 ◆ NTT DATA単一ブランドによるシームレスなサービス提供

 ◆ 同地域におけるNTTグループとの連携加速

 これらを踏まえ、引き続きお客さまと社会のデジタルによる変革を支援し、持続的な成長に貢献します。

 (注1) 欧州、中東、アフリカ、中南米を表すEurope, Middle East, Africa and Latin Americaの略称。

 (注2) CEO: Friedrich Hoderlein Cabistany、本社:スペイン マドリッド。主に欧州および中南米で事業展開しています。

 (注3) CEO: Walter Ruffinoni、本社:英国 ロンドン。主に英国、ドイツ、イタリア、ルーマニアで事業展開しています。

 (注4) グループビジョン、バリューについて https://www.nttdata.com/jp/ja/about-us/mission/