日本ユニシス

ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業へ参画

〜新たな医療通信システムの社会実装に向けて〜

 日本ユニシス、北海道大学、テクノフェイスは、現状のコロナ禍において遠隔医療の重要さが認識される中、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が推進するポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業において共同提案を行い、先導研究テーマとして「ポスト5Gに向けたマルチモーダル情報の効率的活用と触診・遠隔医療技術への応用(研究開発責任者:北海道大学 量子集積エレクトロニクス研究センター 池辺 将之 教授)」に採択されました。

 日本ユニシスは共同研究者として、システム開発総括、プラットフォームの構築、ビジネス化企画、伝送実験支援を担います。

 また、当社は2021年7月29日に北海道大学病院に設置された「次世代遠隔医療システム開発センター」にも研究開発推進メンバーとして参画し、本事業を通じて得るポスト5Gの通信技術を活かし、新しい遠隔医療サービスプラットフォームの構築とその臨床展開の推進を支援していきます。

【本事業の概要】

 本事業においては、「視て触れる」新しい医療通信システムの実現のため、医学分野/保健科学分野/工学分野と企業グループの知見を融合し、医療プロトコルからセンサ・ディスプレイのデバイス開発、ネットワークの活用に至るまで、密な連携のもとシステム開発を行っていきます。

 実現した技術を病院間医療通信に応用、北海道内の病院群を結んだ5G接続による実証実験を経て、実質的な臨床活用への展開を積極的に実施します。

【次世代遠隔医療システム開発センターについて】

 2021年7月29日、北海道大学病院は、視覚だけでなく触覚も含む幅広い情報を扱う次世代型医療通信システムを研究開発し、臨床応用展開に繋げるため「次世代遠隔医療システム開発センター」を設置しました(センター長:北海道大学大学院 医学研究院 岩崎 倫政 教授、副センター長:北海道大学 量子集積エレクトロニクス研究センター 池辺 将之 教授)。

 本センターは、北大病院内「医療・ヘルスサイエンス研究開発機構」の研究機能であるイノベーションユニットとして、ポスト5Gの通信技術を活かしつつ、新しい医療通信システムの構築とその臨床展開を推進していきます。

【今後の取り組み】

 日本ユニシスは、「次世代遠隔医療システム開発センター」と連携を継続し、海外展開を視野に入れた新たな遠隔医療サービスの研究と提供を実現するために、本事業を通じて、病院、診療所・クリニック、医大・看護教育機関、自治体(学校の保健室や救急車両)、介護事業者、スポーツ施設、調剤薬局など、さまざまなステークホルダーが活用できる遠隔医療サービスプラットフォームを目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615616/01_202107301210.pdf