情報端末装置市場見通しの公表

 情報端末事業委員会では、ディスプレイ装置、プリンター、イメージスキャナ、OCR、金融端末、流通POS端末、ハンディターミナル等装置毎に専門委員会を設け、技術動向や市場動向などの調査を実施しています。

 今回、年度(4月〜翌年3月)を集計単位として市場実績・見通し調査を実施している金融端末、流通POS端末、ハンディターミナルについて発表を行います。

 それぞれの市場動向については、分野ごとの市場動向概要を参照ください。

 I.金融端末市場動向概要

 II.流通POS端末市場動向概要

 III.ハンディターミナル市場動向概要

 なお、装置ごとの専門委員会では市場動向調査を含めた活動内容について、別途「調査報告書」を頒布いたします。

 暦年(1月〜12月)を集計単位として市場実績・見通し調査を行っているディスプレイ装置、プリンター、イメージスキャナ、OCRの4つの分野については2020年の市場実績並びに2024年までの市場見通しを今後発表予定です。

以上

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615640/01_202107301441.pdf