小型・軽量なクリップ式 体温測定カメラ「Ami-T サーモ」と測定機能を自社アプリに組み込める開発キットを発売

〜安価かつ手軽に非接触での体温測定と測定結果のデータ活用を実現〜

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、小型かつ軽量でさまざまなスマートデバイスに取り付けられるクリップ式体温測定カメラ「Ami-T サーモ(アミティー サーモ)」と、体温測定機能を自社開発アプリに組み込み可能なソフトウェア開発キットを8月2日(月)に発売いたします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 「Ami-T サーモ」はクリップ式の体温測定カメラです。接続先のスマートデバイスのカメラで人の顔を認識し、専用アプリの画面上に体温を表示します。iOS/Android端末など、お手持ちのスマートデバイスに取り付けるだけで利用できるため、安価かつ手軽な導入が可能です。

 同時発売のソフトウェア開発キットを利用すれば、「Ami-T サーモ」の体温測定機能を出退勤管理システムや施錠管理システムなど、お客様の自社開発アプリに低価格で組み込むことができます。

 さらに、「Ami-T サーモ」とAI顔認証技術を組み合わせ、スマートデバイスの前に立つだけで体温測定と、AI顔認証による出退勤時刻の記録ができるサービスを同時発売いたします。

 設定温度以上の体温を検知した際にリアルタイムで警告、管理者へ通知します。発熱者の入場を防ぐことで、施設や店舗における感染拡大リスクの低減や、従業員の体調管理をサポートします。

 また、管理用WEBサイト・アプリから事前に登録した人物をAI顔認証で識別し、登録者情報と照合することが可能です。登録者の入退出管理と本人確認を自動化し、企業や施設のセキュリティ強化、入退出管理の効率化に貢献します。測定結果はCSV出力することで、勤怠管理・給与管理などへの活用が可能です。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人員確保の課題や非接触・非対面への配慮の観点から、自動検温システムを導入する施設・企業が増加しています。一方、検温システムの導入にはシステム連携などの技術面や費用面に障壁があり、いまだ導入に踏み切れずにいる施設・企業も数多く存在します。

 「Ami-T サーモ」はお手持ちのスマートデバイスを活用することで、低価格かつスピーディに非接触での体温測定を実現します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/615641/01_202107301443.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/615641/02_202107301443.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615641/03_202107301443.pdf