富士通のAIスコアリングプラットフォームサービス「Finplex EnsemBiz」を組み込んだグラフXAIサービスを伊LARUS社が提供開始

 イタリアのソリューションベンダーLARUS Business Automation S.r.l.(注1、以下 LARUS)と富士通株式会社(以下 富士通)は、富士通のグラフ構造データを分析するAI技術「Deep Tensor」を機能追加したAIスコアリングプラットフォームサービス「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz(以下 Finplex EnsemBiz(フィンプレックス アンサンビズ))」を、LARUSのグラフXAI(注2)サービスに組み込むことに合意しました。LARUSは新サービス「Galileo XAI」として8月より金融業界に向けて提供開始し、富士通は日本市場に向けて本サービスの導入支援を行います。

 LARUSのグラフデータベースプラットフォームに、富士通の「Finplex EnsemBiz」を組み合わせることで、従来できなかったグラフ構造データに対する精度の高い分析が可能になります。これにより、金融機関において、循環取引(注3)など高度かつ複雑な不正取引の自動検知が可能となり、金融機関のリスク低減およびコスト削減に貢献します。

 両社は、今後も先端テクノロジーによるグラフ構造データの活用を促進し、高度な分析や新たな知見などから金融業界における業務の高度化を推進していきます。

 LARUSは、グラフデータベースを提供するNeo4j,Inc.(注4)のイタリアにおける最大のパートナーで、15年以上にわたり世界中の企業の大規模かつデータドリブンなシステム構築に携わってきました。特に、AIによるグラフベースアプローチで、企業が持つデータからビジネス洞察を導き、多くの企業を支援してきました。

 富士通の「Finplex EnsemBiz」は、主に金融機関向けにAIの予測根拠と次のアクションを示すことでローン審査の効率化や不正請求検知などを行うサービスです。このたび、人やモノのつながりを表すグラフ構造データから新たな知見を導き出す富士通独自に研究開発したAI技術「Deep Tensor」をオプション機能として追加し、LARUSに提供します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615791/01_202108041107.pdf