NEC、ホテルマリナーズコート東京にて顔と虹彩を組み合わせたマルチモーダル生体認証による入館管理システムの実証実験を実施

〜ホテル従業員向けにマスク着用のまま非接触による厳格な本人確認を実施〜

 NECは、ホテルマリナーズコート東京(所在地:東京都中央区晴海)において、ホテル従業員向けに顔認証と虹彩認証を組み合わせたマルチモーダル生体認証(注1)による入館管理システムの実証実験を本年7月13日から9月10日まで実施しました。

 顔認証と虹彩認証を組み合わせたマルチモーダル生体認証による入館管理は、ホテル業界で初の取り組みです。

 ※図は添付の関連資料を参照

 ホテルマリナーズコート東京は、実証実験期間中に実施された国際的な大規模スポーツイベントの主要拠点の近隣に位置しており、関係者区域内への不正入館を防ぐ高度なセキュリティ対策と、従業員の本人確認業務の効率化が必要とされていました。

 そのため、今回の実証実験では従業員通用口に、顔認証と虹彩認証を活用した、マルチモーダル生体認証による入館システムを設置し、この通用口を利用する従業員の厳格な本人確認を行うとともに、入館管理システムとの連携による履歴管理を行い、安全・安心かつ効率的な運用を実現しました。

 また、今回提供した顔・虹彩のマルチモーダル生体認証は、NECの生体認証「Bio-IDiom」(注2)の中核技術であり、高い利便性によりさまざまな用途で導入が加速している世界No.1(注3)の顔認証技術と、左右の目で異なる虹彩情報を用いて高度な個人識別が可能な世界No.1(注4)の虹彩認証技術を統合し、認証を行います。これにより厳格な本人確認が必要な利用環境において、他人受入率(注5)100億分の1以下(注6)を実現する高精度かつ高速な認証が可能です。さらに、マスク着用のまま非接触で本人確認ができるため、新型コロナウィルス感染症などの感染リスクの低減に貢献します。

 顔・虹彩のマルチモーダル生体認証は、入館パスなどの紛失・盗難によるなりすましを防止するとともに、厳格な本人確認と高い利便性の両立を実現しました。

 なお、顔・虹彩のマルチモーダル生体認証は2022年春の製品化を目指し、開発を進めています。

 今回の実証実験は、「NEC Safer Cities」(注7)実現に向けたソリューションやサービスの開発を加速・強化するものであり、安全・安心・公平・効率な社会の実現に貢献していきます。

以上

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/617786/01_202109131113.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/617786/02_202109131113.pdf