解約金や解約金留保の廃止及び定期契約の新規受付終了

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日(金曜)から廃止(※1)(※2)します。また、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても2021年10月1日(金曜)から廃止(※1)します。

 今回の変更に伴い、現在提供している2年定期契約プランについては、2021年9月30日(木曜)に新規受付を終了します。

 *表資料は添付の関連資料を参照

 また、旧料金プラン(※4)の「ずっとドコモ割コース」契約者に対して、2年の契約期間以内に解約すると10,450円の解約金が発生する2年定期契約を契約更新いただいた際に進呈していた「更新ありがとうポイント」の提供を、2021年10月1日(金曜)に終了(※5)します。

 ドコモは今後も、一人ひとりのライフスタイルに寄り添い、安心して長く使い続けていただける料金サービスのさらなる充実をめざしてまいります。

 ※上記の価格は税込価格。

 ※1 提供条件書「解約金に関する取扱い」を別に定め、5Gサービス、Xiサービス及びFOMAサービスに係る解約金の支払いを免除。

 ※2 ドコモ光は対象外。

 ※3 契約更新月(定期契約満了月、その翌月と翌々月)の解約については解約金なし。

 ※4 「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン(R)」「シンプルプラン」「データプラン」の2年定期契約プラン。

 ※5 2021年10月に契約満了を迎えるお客さまから進呈の対象外。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/618239/01_202109211740.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/618239/02_202109211740.pdf