NTTドコモ、「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPad」「iPad mini」を9月24日から販売開始

 株式会社NTTドコモは(以下、ドコモ)は、革新的でエレガントな「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」、「iPhone 13」、「iPhone 13 mini」、高機能で手頃な価格の「iPad」、オールスクリーンの新しいデザインを採用した「iPad mini」など、過去最高のiPhoneとiPadのラインアップを提供します。また、「Apple Watch Series 7」についても、2021年秋後半に販売開始する予定です。

 すべてのデザインを一新した「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」は、iPhone史上、最も先進的なプロカメラシステムや、ProMotionを搭載したSuper Retina XDRディスプレイ、バッテリー駆動時間の向上、Appleが設計した5コアGPUを搭載したA15 Bionicチップ、そして先進的な5G経験を提供します。

 「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」は、iPhone史上最も先進的なデュアルカメラシステムと強力なA15 Bionicチップを搭載し、洗練された耐久性のあるデザインになっています。

 「iPad mini」は、オールスクリーンデザインとA15 Bionicチップ、5G、センターフレームなどを搭載しています。

 「iPad」は、Appleが設計したA13 Bionic、センターフレーム、True Toneなどを搭載し、さらにストレージ容量が2倍になりました。

 「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」、「iPhone 13」、「iPhone 13 mini」は、ドコモオンラインショップ、ドコモホームページ、およびiPhoneを取り扱うドコモ販売店で、現在予約を開始しており、9月24日(金曜)から販売開始いたします。

 「iPad mini」および「iPad」は、ドコモオンラインショップ、ドコモホームページ、およびiPadを取り扱うドコモ販売店で、現在予約を開始しており、9月24日(金曜)から販売開始いたします。

 販売価格などの詳細については、以下のページをご確認ください。

「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」「iPhone 13」「iPhone 13 mini」のドコモオンラインショップ販売価格

 https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/210917_00.html

「iPad(第9世代)」「iPad mini(第6世代)」のドコモオンラインショップ販売価格

 https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/210917_01.html

 より多くの5G周波数帯を搭載した先進の5G体験を提供するiPhone 13のラインアップは、より多くの場所で5Gに対応し、優れたカバレッジとパフォーマンスを実現します。(※1)

 「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」は、グラファイト、ゴールド、シルバー、そして新しいシエラブルーの4色の美しい仕上げが施されており、最大120Hzの適応型リフレッシュレートを備えたProMotion搭載の全く新しいSuper Retina XDRディスプレイを採用し、タッチ操作をより速く、より反応しやすくしています。

 また、「iPhone 13 Pro Max」では、iPhone史上最高のバッテリー駆動時間を実現し、「iPhone 12 Pro Max」と比べて1日で最大2時間半も長持ちするようになったほか、新たにストレージ容量が1TBになり、他のスマートフォンのガラスよりも丈夫なセラミックシールドフロントカバーで保護されています。

 Appleが設計したA15 Bionicチップにより、新しいウルトラワイドカメラ、ワイドカメラ、テレフォトカメラを搭載したプロカメラシステムは、驚くほど美しい写真やビデオの撮影が可能となり、過去最大の進化を遂げました。

 これらの技術により、新しいウルトラワイドカメラでのマクロ撮影や、新しいワイドカメラでの最大2.2倍の低照度性能などの素晴らしい写真の新機能が実現できるほか、フォトグラフスタイルなどの新しいコンピューテーショナルフォトグラフィ機能によって、カメラアプリケーションで写真の見た目をパーソナライズし、すべてのカメラでナイトモードを利用できるようになります。

 動画も大きく進化しました。美しい被写界深度の変化を表現するシネマティックモードや、マクロ動画、タイムラプス、スローモーション、またさらなる低照度での撮影が可能になるなど、飛躍的な進化を遂げました。両モデルともまた、Dolby Visionによる完結したプロのワークフローを提供し、ProResも今回初めて搭載しました。これが可能なのはiPhoneだけです。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/618394/01_202109241701.pdf