大日本印刷とサイバーエージェント エレベーター業界におけるデジタル広告事業創出で業務提携

 エレベーター内サイネージの視聴データ計測や広告の出し分けにより広告価値を最大化

 大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)と株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋)は、エレベーター業界におけるデジタル広告事業の創出で業務提携します。この提携の第一弾の取り組みとして、デジタルサイネージに広告・コンテンツを表示する「DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage(R)(スマートサイネージ)」とサイバーエージェントの広告配信システムを連動させ、DNPと東芝エレベータ株式会社の両社が展開するエレベーター内サイネージで“ターゲットとなる生活者へ最適な広告を表示する”デジタルサイネージ広告の提供を2021年10月より開始します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【業務提携の背景】

 国内のデジタルサイネージ広告市場は、2020年見込の525億円から2026年には1,400億円に伸びると予測(*1)されており、特にエレベーター内に設置するデジタルサイネージは利用者の注視率も高く、エレベーターの設置箇所や利用者属性に応じた広告配信が可能なため、高い広告効果が期待されています。一方、従来のデジタルサイネージ広告は、放映回数や想定利用者数は把握できるものの、インターネット広告のように“どのような生活者”が“どれだけ見たか”という、より具体的な効果の算出や視聴属性に合わせた適切な広告の配信が難しいという課題がありました。

 こうした課題に対して2009年にデジタルサイネージ事業を開始し、「イエナカ(家中)/マチナカ(街中)/ミセナカ(店中)」での情報発信が可能なメディアとコンテンツ制作のノウハウを培ってきたDNPとインターネット広告市場で国内トップシェアのインターネット広告事業で培った広告配信関連の開発力や運用力、デジタルサイネージの効果計測技術の研究開発に強みを持つサイバーエージェントが協業して、エレベーター内サイネージにおける広告配信事業を展開します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/619425/01_202110131045.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/619425/02_202110131045.pdf