日本生命様に、デジタルコンテンツの閲覧状況を可視化し、お客様の的確なニーズを把握できるサービスを提供

米エルトロピー社の技術を搭載した「Finplex eXgrow」で、非対面の営業スタイル変革を支援

 当社は、デジタルコンテンツの閲覧状況を可視化できる当社の「FUJITSU Finplex 顧客エンゲージメント強化サービス eXgrow(以下、Finplex eXgrow(フィンプレックス エックスグロウ))」を用い、日本生命保険相互会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:清水博、以下 日本生命)様向けに新たなサービスを開発しました。新サービスは、日本生命様の営業職員が持つスマートフォンから、保険商品のカタログやチラシ、動画などのデジタルコンテンツをお客様のスマートフォンに送付し、その閲覧状況を可視化できるもので、このたび全国の約5万人の営業職員が利用を開始しました。

 これにより、日本生命様の営業職員は、非対面での営業活動が増加する中でも、デジタルコンテンツの閲覧状況からお客様のニーズを的確に捉え、より効果的なタイミングでお客様に合わせた保険商品の案内ができるなど、非対面における営業スタイルの変革を実現できます。

 当社は、今後も最新のデジタル技術を活用し、日本生命様におけるお客様向けサービスの強化や業務効率化などを強力に支援するとともに、生活者に多様な消費体験を届ける「Consumer Experience」の取り組みを進めていきます。

■背景

 デジタル化の進展により、スマートフォンを用いて手軽にデジタルコンテンツの閲覧やコミュニケーションが可能になったことで、生命保険業界においても非対面でのコミュニケーションを望むお客様が増加する傾向にあります。さらに新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、生命保険の営業職員は、お客様との対面機会が大幅に減少したために、お客様のライフステージやニーズの変化を的確に捉えることが難しくなっています。

 日本生命様では、このような喫緊の課題に対応するため、非対面での新たな営業スタイルへ変革する取り組みを進めています。

 当社は、金融機関における営業スタイルの変革を支援するため「Finplex eXgrow」を2021年1月より提供しています。「Finplex eXgrow」は、米エルトロピー社(注1)のデジタルコミュニケーションプラットフォームを組み込み、メールやショートメッセージサービス(SMS)、メッセージングアプリを通じてお客様にデジタルコンテンツを送付し、閲覧状況を可視化できるサービスです。

 当社は、「Finplex eXgrow」を用いて日本生命様向けに開発した新たなサービスを通じて、日本生命様の非対面での営業活動を支援していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/619530/01_202110141140.pdf