クラウドプラットフォームの仮想デスクトップ環境「Azure Virtual Desktop(旧称:Windows Virtual Desktop)」の導入・運用サービスを提供開始

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SC SK)は、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームの仮想デスクトップ環境「Azure Virtual Desktop(以下 AVD)」の導入・運用に向けた技術支援サービスを10月1日から提供開始しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、採用が広がる在宅勤務・リモートワークにおけるICT面での課題を、SCSKは同サービスを使って解決し、ニューノーマルな時代における日本企業の新たな働き方を支えてまいります。

 先行して、住友商事株式会社へ2021年8月からAVDの提供を開始しており、今後3年で100社への導入を目指します。

1.背景

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、企業の働き方は大きく変わり、在宅勤務・リモートワークが急速に広がりました。テレワーク環境の整備と併せて、テレワークにより生じるさまざまなセキュリティリスクに対策を講じていますが、利便性とセキュリティの両立が課題となるケースが少なくありません。

 このような課題への解決策の一つとして、昨今、仮想デスクトップ(VDI)(※1)を採用して、新たなワークプレイスを整備する企業が増加しています。

 ※1: VDI(Virtual Desktop Infrastructure):サーバーやクラウド上に仮想的に構築されたデスクトップ環境を遠隔地にあるクライアント端末に画面転送して利用する仕組み。ユーザーは端末にデータを保存させずに、多様なデバイスから集中管理されたデスクトップ環境へアクセスし利用することが可能。

2.AVDの概要

 AVDはマイクロソフトがDaaS(Desktop as a Service)製品として2019年11月に正式リリースした、マイクロソフトのクラウド型VDIサービスです。2021年6月に旧称Windows Virtual Desktopより名称変更されています。

 世界中のMicrosoft Azure(以下 Azure)リージョンに対応しAzureサービスの実稼働に応じて課金されるサービスです。Microsoft Teamsなどのマイクロソフト製品との親和性が高いほか、Windows 10のマルチセッション対応という特徴を持ち、日本企業においても導入が進んでいます。

 マイクロソフトは、2021年8月に新たにリリースしたWindows 365(Cloud PC)と併せて、クラウド型のWindowsのソリューションとして提供しています。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/619625/01_202110151144.pdf