日立がスペインの鉄道運営会社ILSA社と高速鉄道車両20編成の30年間に渡るメンテナンス契約を約980億円で締結

 本リリースの内容は、英国において10月21日(木)に発表したものです。

 日本では10月22日(金)に配信しました。

 株式会社日立製作所(以下、日立)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レール(スペイン)社は、このたび、スペイン王国(以下、スペイン)の鉄道運営会社であるIntermodalidad de Levante社(以下、ILSA社)からETR1000型高速鉄道車両20編成の2052年まで30年間にわたるメンテナンスに関する契約を7億3,700万ユーロ(約980億円(*1))で締結しました。この保守契約は、ILSA社と日立のグローバルなパートナーシップを保証します。また、2020年8月に締結したETR1000型車両の製造契約(*2)に続き、日立のスペインでの継続的なプレゼンス向上に寄与します。

 イタリアで製造され、欧州で最も速く、持続可能で、静かなILSA社のETR1000型車両は、新規雇用する75名を超える従業員によってマドリードでメンテナンスが行われます。メンテナンスには予防保全や修理が含まれており、最先端の車両により乗客に最高レベルの信頼性と快適性を提供できるようサポートします。

 ILSA社のETR1000型車両は、2022年後半に営業運転を開始する予定であり、マドリード、バルセロナ、バレンシア、アリカンテ、マラガ、コルドバ、セビリアを結ぶ高速鉄道路線を、最先端の空気力学、省エネ技術及び高い性能により運行効率の最大化を実現した車両で運行します。また、リサイクル可能な素材85%、再生可能な素材が95%使用されています。このような環境に配慮された車両設計は、ILSA社の最も持続可能な車両へのコミットメント及び、日立の温室効果ガスの排出量削減という脱炭素戦略に貢献します。

■ILSA社 President,Carlos Bertomeu(カルロス・ベルトメウ)のコメント

 本契約はスペイン最初の民営高速鉄道事業者の発展に向けた新たな一歩であり、運行と乗客の快適性の両方で最高水準のサービスを提供するという当社のコミットメントを証明するものです。また、本契約により、スペインにおけるコネクティビティや産業の発展、雇用創出に対するILSA社のコミットメントをさらに強化します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/620134/01_202110221152.pdf