楽天シンフォニー、米・インテル、米・ジュニパーネットワークス、大規模Open RAN導入における次世代の分散RANおよびトランスポートソリューションの開発に向け連携

 -総所有コスト削減と無線アクセスネットワークのイノベーションを実現-

 Rakuten Symphony(以下「楽天シンフォニー」)と、Intel Corporation(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ、CEO:Patrick Gelsinger、以下「インテル」)、Juniper Networks, Inc.(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州サニーベール、CEO:Rami Rahim、以下「ジュニパーネットワークス」)は、キャリアグレードのオープンな無線アクセスネットワーク(Open RAN)ソリューションである「Symware」の開発に向け連携します。新しく開発する「Symware」は、ネットワークのエッジにおいて多目的に活用できる通信機器として、移動体通信事業者(MNO)向けに最新のクラウドネイティブアーキテクチャを活用してモバイルネットワーク基地局を刷新し、基地局あたりのハードウェア保守コストを削減しつつ、ネットワークの高密度化や様々なネットワークトポロジー(注1)への対応、新機能のサポートなどを実現します。なお、楽天シンフォニーは楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)の通信プラットフォーム事業組織です。

 世界中のMNOは、Open RANとクラウドネイティブなアーキテクチャを自社ネットワークに導入し始めています。これにより、MNOはサプライチェーンを拡大・管理しつつ、優れたアジリティやスマートなセキュリティを実現し、新たな水準の自動化を導入することが可能となります。

 「Symware」の多目的に活用可能なエッジ通信機器は、コンテナ化された基地局のルーティング機能(注2)およびコンテナ化された分散ユニット(cDU)を単一の汎用サーバープラットフォーム上に統合することで、MNOの設備投資および運用コストを大幅に削減します。また、物理的なRANと仮想的なRANの両方に対して、一貫したキャリアグレードのルーティングスタック(注3)を提供することで、RANとトランスポートの両ドメインにおいて、モニタリング、セグメントルーティング(注4)による動的なトラフィックステアリング(注5)などの5Gネットワークのスライシング機能を手軽に実現します。また、「Symware」ソリューションは、ゼロタッチプロビジョニング(注6)やローリングアップデート(注7)、ネットワークを構成するすべての構成要素の遠隔監視(テレメトリ)と分析による自動化をサポートします。ネットワークの装置構成や使用状況を自動的に設定・管理・調整するオーケストレーション機能とネットワーキング機能にはKubernetes(R)(注8)を採用しています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/620421/01_202110271104.pdf