大日本印刷とシミックグループ

ワクチン接種記録の補正により、正確性を向上させた接種記録の利活用支援サービスで協業を開始

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)とシミックホールディングス株式会社(以下:シミックグループ)は、自治体のワクチン接種記録システム(VRS:Vaccination Record System)に登録されたデータの誤りを補正し、ワクチン接種履歴の正確性を高めるとともに、補正後のデータの利活用によるワクチン接種の誤接種防止やワクチン接種記録提示のサービス展開について、協業を開始します。

【ワクチン接種記録の利活用支援サービス展開の背景とポイント】

 VRSに登録された接種記録情報は現在、接種状況の統計や接種証明書の発行などに利活用されていますが、一部のデータが誤って登録されている事例が確認されています。そのため、正確な接種状況の把握や接種証明書の発行に向けて、各自治体が登録データを補正する必要がありました。

 こうした課題に対してDNPは、多くの企業等の業務プロセスを代行してきたBPO(Business Process Outsourcing)事業の実績と高度な情報セキュリティ環境を活かし、AI(人工知能)を活用したOCR(光学文字認識)技術によって大量な紙の予診票を迅速にデジタル化します。このデータをシミックグループがVRS上の登録データと照合することで誤りを検知します。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 誤りが検知された場合、自治体は、DNPがデジタル化した予診票のデータをもとに対象データを補正します。これにより、正確性を向上させた接種記録を利活用することが可能になります。シミックグループは、ワクチン接種情報の正確性が向上したVRSデータを、個人の医療・健康情報等を管理する「harmo(ハルモ)」システム上に取り込み、ワクチンの打ち間違い防止、スマートフォンアプリを用いた関連情報の配信、接種記録の提示など、一貫したソリューションサービスを提供していきます。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/622383/01_202111251134.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/622383/02_202111251134.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622383/03_202111251134.pdf