富士ソフトと学研塾ホールディングス、バーチャル学習塾の実現に向けた共同実証を実施

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 富士ソフト株式会社と株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研塾ホールディングスおよび株式会社学研メソッドは、新しいオンライン学習環境の実現に向けた共同実証の実施をお知らせいたします。この実証では、富士ソフトが提供する仮想オフィス空間「FAMoffice(ファムオフィス)」の技術と、学研メソッドが有する学習塾の運営ノウハウを活かして、生徒の学習意欲と競争心の向上につながる仮想学習空間(バーチャル学習塾)の創出を目指します。

 昨今のコロナ禍の影響を受け、教育現場ではオンライン学習が一般的なものとなりました。しかし、現在のオンライン学習環境は、授業の前後や休憩時間に行われていた生徒それぞれへの丁寧な指導や助言が行えず、質問や会話の機会も少ないことから、生徒の学習意欲や競争心が低下するといった課題が顕在化しています。

 “新たな学びの創造と多用な学習機会の創出”を目指している学研ホールディングスでは、グループを挙げて、顕在化した課題の解決に取り組んでいます。富士ソフトは、長年、教育ICTサービスに取り組んでおり、2021年6月からテレワークにおけるコミュニケーション課題を解決する仮想オフィス空間「FAMoffice」を提供しています。両社は「FAMoffice」の技術と学習塾の運営ノウハウを活用し、生徒の学習意欲や競争心の向上につながる仮想学習空間を開発するための共同実証の実施に至りました。

 本実証では、仮想空間上に対面時と変わらない学習塾環境を再現したバーチャル学習塾を開校し、先生と生徒は自分の分身(アバター)で通塾して、先生や仲間と過ごします。先生は、授業中に学習意欲の薄かった生徒に対する個別フォローを、生徒は、先生への個別質問や仲間との会話などを行い、学習理解を深めたり、他の仲間が頑張っている姿から刺激を受けたりといった体験をしていただきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/622386/01_202111251146.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622386/02_202111251146.pdf