多摩市に新BPOセンター「多摩第三センター」を開設

〜FISCの安全対策基準に基づいた設備で金融機関の業務に対応〜

 SCSKサービスウェア株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:清水 康司、以下 SCSKサービスウェア)は、事業の拡大に伴い、国内19拠点目の「多摩第三センター」を開設しました。

 多摩第三センターは、連続的な稼働が求められる金融機関の業務に対応できるよう、非常用電源やセキュリティ設備を整えています。

1.背景

 銀行、保険、証券などの金融機関が担う業務は、社会インフラとして高い信頼性が求められるため、自然災害に伴う電源喪失の影響を最小化する設備や、顧客の個人情報を確実に守るセキュリティ設備が必要となり、アウトソーシングには障壁が高いものでした。一方、金融機関のバックオフィス業務では、紙やデータを大量に処理するため、IT活用や業務効率化が求められています。

 そこでSCSKサービスウェアは、非常用電源やセキュリティ設備を備えた多摩第三センターを開設し、金融機関を含むさまざまな業務をより安定的に遂行できる環境でBPOサービスを提供します。

2.施設概要

 [拠点名]多摩第三センター

 [所在地]東京都多摩市落合1丁目32番3号GA多摩bldg

 [座席数]約400席

3.特長

1.公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)の安全対策基準(設備基準)に基づいた設備

 ・災害時も電力を供給し続ける非常用電源を設置

 ・機密情報や個人情報を含む文書を適切に管理するストックルーム

 ・部外者の侵入を防止し、マスクの着用のままでも顔認証できる入退室管理システムを導入

2.その他の特徴

・働きやすさを支えるリフレッシュルーム

 従業員が心身ともにリフレッシュでき、従業員同士のコミュニケーションがとりやすい開放的な空間です。

・フレキシブルなワークスペース

 スライディングウォール(移動式のパーティション)を採用し、業務規模の変動に合わせてレイアウトを変更可能です。

・自然環境に配慮

 自然環境に配慮して、再生素材を活用したカーペットや間伐材を使用しています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/622402/01_202111251229.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622402/02_202111251229.pdf