NEC、意思決定をAIで自動化する最適化技術の導入支援サービスを提供開始

 〜意思決定の自動化をワンストップで支援し、お客様のDX推進を支援〜

 NECは、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)加速に向け、意思決定をAIで自動化する最適化技術の導入支援サービス「数理最適化導入コンサルティングサービス」を本日より提供開始します。NECは、本サービスをはじめとする最適化関連事業で2025年度までに100億円の売上を目指します。

 近年、機械学習技術の進化に伴い、AIがデータを分析することで高精度な予測が可能となる中、さらに、予測した情報に基づく意思決定をAIで自動化する最適化技術が注目されています。例えば、ダイナミックプライシングやシフトスケジューリング、配送計画やパーソナライズ広告、レコメンドの最適化など、膨大な選択肢の中から最適な意思決定案を選び出さなければならない業務において最適化技術が活用され始めており、大幅な業務負荷の軽減や業務スピードの向上が期待できます。

 NECは、最適化技術の分野において、「量子コンピューティング技術」(注1)に加え、熟練者の意図を学習し意思決定を模倣する「意図学習技術」(注2)のほか、今回新たに開発した不確実な環境下でもインタラクティブな最適化が可能な「オンライン最適化技術」など、様々な独自技術の開発を進めています。

 「数理最適化導入コンサルティングサービス」ではこれらの独自技術を活用することで、従来は最適化の導入が難しかった業務においても意思決定の自動化を可能にし、お客様のDX推進を支援します。

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/622463/01_202111261045.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622463/02_202111261045.pdf