NutanixとElevateサービスプロバイダーパートナープログラム契約を締結し、企業のハイブリッドマルチクラウド環境構築を支援

〜Nutanix Cloud Platformを、オンプレミスのHCIからパブリッククラウドまで従量課金制で提供〜

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下 東芝デジタルソリューションズ)は、Nutanix(NASDAQ: NTNX、以下 Nutanix)とNutanix Elevateサービスプロバイダーパートナープログラム契約を締結しました。

 今回の契約により、東芝デジタルソリューションズは、国内企業としては初めて、Nutanix Cloud Platformを、オンプレミスのHCI(Hyper-Converged Infrastructure(注))からパブリッククラウドまで、従量課金制で提供することが可能になります。

 近年、パブリッククラウドサービスの増強に伴い、企業ではIT基盤としてパブリッククラウドの活用が進められています。パブリッククラウドの多くがビジネスのニーズに応じた従量課金制を採用しており、「CAPEX(設備投資)からOPEX(運用経費)」という流れをつくり、変化の激しいビジネス環境への即応性を向上させています。一方で、規制、情報セキュリティ、さらにはコスト、サイズ、帯域幅、時間といった観点から、プライベートクラウドも再評価されています。これまで要件によって使い分けていたプライベートクラウドとパブリッククラウドを融合し、それぞれの特長を活かしたハイブリッドマルチクラウドを導入し、充実したサービスを取り込みたいという需要が高まっています。

 こうした中、HCIのリーディングベンダーであるNutanixは、サーバーを複数台束ねて、コンピューティング機能、ストレージ機能、ネットワーク機能を統合的な仮想化基盤として実現するHCIの特徴を活かし、オンプレミスならびにパブリッククラウドのそれぞれで同じ仮想化基盤を利用可能にしており、お客さまはビジネスニーズに合わせてハイブリッドマルチクラウドを段階的に成長させていくことが可能になります。

 東芝デジタルソリューションズは、今回の契約締結に基づき、マネージドサービス「Albacore(TM)(アルバコア)」にてNutanixのソフトウェアを従量課金で提供することで、お客さまのITシステムの導入・運用負荷を削減し、最適なビジネス環境の実現を支援していきます。東芝グループでのパブリッククラウド活用で培った技術を適用し、お客さまに最適なハイブリッドマルチクラウドを提供、プライベートやパブリックといったクラウドのそれぞれの特長を活かしたアプリケーションによって、成長し続けるお客さまのビジネスに貢献します。

 ニュータニックス・ジャパン合同会社 コーポレートバイスプレジデント 兼 社長 町田栄作氏は次のように述べています。

 「この度、東芝デジタルソリューションズとの協業強化により、日本市場におけるハイブリッドマルチクラウド基盤提供を推進できることを大変嬉しく思います。Nutanixを活用したハイブリッドマルチクラウドの導入により、企業はサイロ化や非効率性の課題を解消しながら、ワークロードに応じて適切なクラウドを選択することが可能になります。東芝デジタルソリューションズとともにサブスクリプションベースのマネージドサービスの提供を推進し、より多くのお客さまが付加価値の高い業務やビジネス推進に注力できる環境を構築できるよう尽力してまいります。」

 当社は、今後も、パートナーとの連携によりマネージドサービスを充実させ、ハイブリッドマルチクラウドによる企業のデジタルトランスフォーメーションを推進していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622562/01_202111291105.pdf