Tuxeraとマクニカ、国内販売代理店契約を締結

〜セーフティクリティカルなデータ管理が要求されるフラッシュメモリデバイス採用機器を長寿命化・高速化し安全性を確保するソリューションで支援〜

 半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス&ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)クラビス カンパニーは、この度、世界をリードするストレージ管理ソフトウェアおよびネットワークテクノロジー企業であるフィンランドのTuxera, Inc.(タクセラ)の日本法人、Tuxera Japan株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:黒子 真佐志、以下Tuxera)と日本国内における販売代理店契約を締結したことを発表いたします。

 IoTやAIの技術革新が加速する中、セーフティクリティカルな大量のデータ管理が要求されるケースが増加しており、特にインダストリアルや通信事業者、医療機器製造者など万が一障害が発生した場合でも、データが破損されることなくアクセスでき、ハードウェア(フラッシュメモリなど)に適切かつ安全に保存される耐障害性を有した機器の開発と長期運用が求められています。

 一方で、現在のフラッシュ・ストレージ機器の寿命や耐久性には限界があり、これらの要求を満たすことが難しくなっています。これらの課題に対するソリューションとして、Tuxeraは下記3点の機能を有するストレージソフトウェアを提供いたします。

 (1) フラッシュメモリのハードウェア寿命を延長させ、ストレージの劣化による予期しない障害が発生するリスクを軽減させます。

 (2) 予期せぬ電源断やシステムクラッシュに対してデータの安定性を担保する耐障害性を持ち、瞬断からデータを守ります。

 (3) 複数のソースから高速に転送されるデータストリームを確実に保存し、ハードウェアの持つ性能を最大限発揮できるようになります。

 Tuxeraのストレージソフトウェアは、すでに世界中の様々な産業で数十億台以上のデバイスに組み込まれており、データの保存、使用、共有に利用されています。これらのアプリケーションは、Tuxeraのソフトウェア製品によりフラッシュメモリの寿命を長期化させ、データの完全性を確保し、高速性によりストレージ性能を向上させます。

 Tuxeraは、JEDEC、SNIA、Automotive Grade Linux、SD Association、The Linux Foundation、その他多くの業界団体へ積極的に働きかけを行うメンバーであり、主要チップセットメーカー、メモリメーカー、およびソフトウェア会社と緊密な関係を持ち、業界の課題に対して日々活動を続けてまいりました。

 Tuxeraの製品として、組み込みファイルシステムの外部ストレージ向けMicrosoft FAT/exFAT/NTFS by Tuxera、Tuxera APFS/HFS+をはじめ、内蔵ストレージ向け高性能ファイルシステムとフラッシュ管理ソフトウェアのTuxera Reliance Edge/Reliance Nitro/Reliance Velocity/FlashFX Teraといった信頼性と性能に優れる製品群を、スマートフォン、タブレット、車載システム、テレビ、カメラ、ドローン、外部ストレージ、ルーター、宇宙探査機、IoTデバイス等の組み込みシステム市場に幅広く提供しています。

 マクニカでは、これらの組み込みシステム市場に加え、日本国内のセーフティクリティカルなお客様やアプリケーション向けに、自社で取り扱う数多くのSoCやメモリ製品とTuxera製品を組み合わせて提供することにより、お客様製品の付加価値拡大に貢献いたします。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622652/01_202111301045.pdf