凸版印刷、地方自治体向けに「Hybrid-BPO(TM)」の取り組みを開始

 アナログ技術とデジタル技術を掛け合わせた独自の「Hybrid-BPO(TM)」により、自治体の業務効率化・業務品質向上を推進。2021年11月30日より相模原市で運用開始

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、全社的な成長領域として位置付けている次世代型BPO事業において、アナログ技術とデジタル技術を掛け合わせた凸版印刷独自の「Hybrid-BPO(TM)」を地方自治体向けに提供開始します。本取り組みの事例として、神奈川県相模原市にて2011年より運用している相模原市コールセンター「ちょっとおしえてコール相模原」(注1)及び、行政手続きのデジタルナビゲーション・システムである「わたしの手続案内」(注2)を掛け合わせたサービスを2021年11月30日(火)より開始します。

 相模原市における住民の行政手続きや、施設利用、イベントなどの質問に答える有人のコールセンターである「ちょっとおしえてコール相模原」と、デジタル上で行政手続きのナビゲーションを行う「わたしの手続案内」を連携することで住民と自治体をスムーズに繋ぎ、自治体の業務効率化・業務品質向上はもちろん、双方にとって利便性の高い行政サービスの実現を目指します。

 ※図は添付の関連資料を参照

■背景

 近年、総務省の「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」で「行政手続きのオンライン化」が示されるなど、行政サービスのDXへの注目が高まっています。行政手続きのDX化を進めるにあたっては、デジタル技術に頼るだけでなく、ユーザビリティ(使いやすさ)の観点からそれらをアナログのサービスと上手く組み合わせることで煩雑な行政手続きを分かりやすく案内していく必要があります。

 相模原市では現在、高齢化や行政手続きの複雑化の影響もあり、問い合わせ数が増加傾向にあります。そのような課題解決に向けて、さまざまな手続方法や申請窓口等をパソコンやスマートフォン等から事前に把握できる行政手続検索サービスが有効と判断し、凸版印刷とパートナーである株式会社アスコエパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安井 秀行、以下アスコエ)が提供する「手続ナビ」を活用した「わたしの手続案内」を導入することとなりました。

 凸版印刷では長年にわたり培ってきたBPOに関する経験と最新のデジタル技術を融合させた、「Hybrid-BPO(TM)」をDX事業推進における中長期的な重点施策として位置付けています。今般の相模原市における取り組みを「Hybrid-BPO(TM)」の起点として行政に広く提供することにより、社会やお客様のデジタル変革を推進していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/622654/01_202111301046.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622654/02_202111301046.pdf