教育ビッグデータの蓄積と分析を支援

ジンジャーアップとLRS構築で協業開始

 キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノン ITS)は、LMS(Learning Management System:学習管理システム)やデジタル教材を活用した学習データの収集・利活用に取り組む教育機関を支援するため、LRS(※1)構築などの情報環境の整備において、株式会社ジンジャーアップ(本社:東京都墨田区、代表取締役:井手 啓人、以下ジンジャーアップ)と2021年12月上旬より協業を開始します。

 *イメージ画像は添付の関連資料を参照

 昨今、教育機関においてGIGAスクール構想の推進や新型コロナウイルス対策でのオンライン授業の実施など「教育のデジタル化」が急速に進んでいます。これらにより教育機関には、LMSやデジタル教材といった学習支援システムを用いた学習データ(教育ビッグデータ)が蓄積され、そのデータの利活用の研究や取り組みが行われています。また蓄積された学習履歴データを分析・可視化し、学習者や教員にフィードバックすることによる学習支援と教育改善も求められています。

 キヤノンITSは、このような教育ビッグデータの利活用に対するニーズに応えるべく、自社の教育機関向けソリューション「in Campus シリーズ」をはじめとする学習支援システムと、日本国内で唯一ADL認証を取得したLRSを保有し、EdTech(※2)を活用した教育と人材開発のためのノウハウ・実績を持つジンジャーアップとの協業を開始します。

 本協業によりキヤノンITSでは、学習支援システム内にある学習履歴の分析に必要な項目を抽出し、ジンジャーアップにより提供されるLRSにxAPI(※3)形式で蓄積(インプット)します。また、「in Campusシリーズ」のWebインタフェースなどを通じて、学生や教員に分析のレポートをフィードバック(アウトプット)するなど、開発・技術力を生かした環境構築を行います。一方、ジンジャーアップは、LRSの構築とそれに必要なステートメント定義および蓄積されたデータの定型分析や個別分析の支援を行います。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/622665/01_202111301122.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622665/02_202111301122.pdf