凸版印刷、バーチャルショッピングモールアプリ「メタパ(TM)」を開発

仮想空間上に構築されたバーチャル店舗を一つに集めたアプリで遠隔地にいる家族や友人とバーチャルショッピング体験

第一弾として「Virtual b8ta」がオープン

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、メタバース市場の拡大を見据えて仮想空間上に構築した複数の店舗を、ショッピングモールのように1つに集約したスマートフォンアプリ「メタパ(TM)」を開発。2021年12月15日(月)より提供を開始します。

 「メタパ(TM)」を利用したい企業・店舗は、仮想空間上でバーチャル店舗の構築/アプリへの搭載/ECサイトへの連携をワンストップで実現できます。「メタパ(TM)」出店店舗の第一弾として、ベータ・ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、CEO:北川 卓司)の「Virtual b8ta」がオープンします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■開発の背景

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、買い物の手段としてECサイトの活用が定着しています。しかし、友人や家族と一緒に物を選んだり、店員に詳細を聞いたりなどの相互コミュニケーションを取ってショッピングする機会が減り、満足のいく買い物ができないことが課題となっています。

 このような課題に対し、凸版印刷は店舗を仮想空間上に構築し、リアル店舗とも連携して相互に行き来できるサービス「IoA Shopping(TM)」を2021年3月に開発。実証実験を行っています。

 今回、これまで実現していなかった、ショッピングモール感覚で複数店舗の周遊を実現し、店舗レイアウトをシンプルにすることでCG構築コストを抑え、より多くの店舗が参加しやすいサービス/アプリとして「メタパ(TM)」を開発しました。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/622885/01_202112021055.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622885/02_202112021055.pdf