大日本印刷と日本農業 パッケージのQRコードの読み取りで商品の関連情報を表示

原材料・製造・出荷・流通などのプロセス情報を生活者に提供する実証実験を開始

 大日本印刷株式会社(DNP)は、日本農業株式会社が運営する農家直営のスープ専門店「たんとスープ」が販売する商品を対象に、生活者がスマートフォンでパッケージのQRコードを読み取ると、商品の原材料から製造・出荷・流通などに至る過程の情報(プロセス情報)が画面に表示される実証実験を開始しました。たんとスープは、農薬や化学肥料を使わずに育てた野菜を使用した商品です。生産者や食品製造事業者は、プロセス情報を提供することで健康や環境への配慮など商品の魅力を伝えることができます。DNPと日本農業は今回の実証実験を通じて、プロセス情報の登録・蓄積・運用などの手順や作業負荷およびプロセス情報に対する生活者の評価やニーズを検証していきます。

【実証実験開始の背景】

 日本の農業は就労者不足や耕作放棄地の増加などが課題になっており、企業はSDGsへの取組みや、環境・社会・ガバナンスに配慮したESG経営が求められています。また生活者は、製造・流通時の環境負荷が小さく、SDGsに貢献する商品を選択するなど、持続可能性(サステナビリティ)を意識した購買行動に変化してきています。こうした変化を受けて、食品関連の事業者には、生活者の多様なニーズに応える付加価値の高い商品の提供に取り組みながら、その価値を効果的に訴求したいというニーズが高まっています。

 この課題に対して今回、パッケージを通じて商品のプロセス情報を生活者に提供するため、商品1点1点を認識する「個体識別ID」を実装し、個品単位の情報管理を可能とするDNPの「スマートIoTパッケージ」(*1)と、農業の価値向上および就農者の増加を理念に野菜の生産からスープの製造・販売を行う日本農業のノウハウを掛け合わせ、両社が共同で実証実験を開始します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623004/01_202112031158.pdf