TISとインテック、企業のデータ連携を支援する「APIプラットフォーム構築サービス」を提供開始

〜セキュリティ、API管理機能を標準装備し、早期にAPI公開を実現〜

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下、TIS)と株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡 隆之、以下、インテック)は、企業のデータ連携を支援するAPIプラットフォームを共同開発し、その構築サービスを開始することを発表します。

 TISとインテックが共同開発したAPIプラットフォームは、企業が持つシステムやデータを社内外へ連携するAPIを公開するための基盤です。API公開時に共通で必要となる業界標準のAPIセキュリティ「OpenID Connect」、および多数あるAPIの公開設定を統合して扱える管理機能を標準で備えているため、API開発と公開にかかるコストと期間を大幅に削減できます。APIの管理には株式会社ブリスコラ(以下、ブリスコラ)が開発・提供するフルライフサイクルAPI管理製品の「BAMs Series」を採用しており、これまでの導入実績に基づく安定した動作と大量アクセス処理を両立しています。

 TISとインテックは、お客様の要件にあったAPIプラットフォームを構築することで、安全なデータ流通を実現します。

 企業は本プラットフォームを導入することで、API開発の際に必要なID認証などのセキュリティ機能はプラットフォームの基本機能として提供されるため、業界標準のセキュリティ(OpenID Connect)に準拠したセキュアなAPIとして公開することができます。

 本プラットフォームは、製造、金融、流通などの業界をはじめ、システム間の連携や分野横断データの活用により競争力の強化を図りたい企業、企業間データ連携によって受発注業務やリアルタイム在庫引き当てなどAPI連携で業務DXを加速したい企業に向けて提供していきます。社内におけるAPIの活用やグループ企業間の連携、他社に向けたAPI提供などにおいて、早期かつ安全に自社APIを公開することで他企業やシステムを連携した新たなビジネス創出を支援します。

■APIプラットフォーム構築サービス<イメージ>

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

■APIプラットフォーム構築サービス<イメージ>

https://release.nikkei.co.jp/attach/623013/01_202112031345.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623013/02_202112031345.pdf