新しい“地域医療DXモデル”の構築に向けてヤマト運輸、和気町が実施する実証実験に参画

〜持続的な社会実装をめざし、オンライン診療・服薬指導、ドローン飛行をサポート〜

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)と岡山県和気町が2021年12月6日(月)から実施する、持続的な医薬品輸送ネットワークの構築に向け、地域の医療機関が必要としている医療商材や個人宅までの処方薬などの輸送における無人航空機(ドローン)の経済的実現性を検証する実証実験(※1)(以下、本実験)に参画します。

 ドコモは、地域医療における課題解決のため、オンライン診療、オンライン服薬指導およびドローンによる医薬品配送の連携による新しい地域医療のDXモデル確立・推進をめざしており、その取り組みの一環として今回、本実験に参画します。

 本実験においてドコモは、オンライン診療・服薬指導サービスの活用支援およびドローン運行支援を行います。オンライン診療・服薬指導サービスの活用支援では、本実験で使用される株式会社メドレーのオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS(R)」(※2)を利用者が円滑に利用できるように、現地でタブレット端末の操作などに関する支援を行います。そのほか、医療機関へのパソコンの提供および利用者へのタブレット端末およびSIMの提供を行います。ドローン運行支援では、「LTE上空利用プラン」のSIMをドローン本体に搭載し、本実験の飛行ルートに対してシミュレーションや実測をした上でネットワーク品質や強度などの安全性を確認します。また、2022年2月以降に実施予定の第2フェーズにおいて、利用者宅などへ処方薬を輸送するドローン向けに、ドローンポートを使用しない自動着陸AI技術(※3)の検証も予定しています。

 *図は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/623151/01_202112061709.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623151/02_202112061709.pdf