エフセキュア、データを暗号化し安全に保存するストレージソリューション、F-Secure USB Armory Driveを発表

 〜暗号化キー、データ、デバイスのファームウェアの保護を備えたポータブルストレージソリューション〜

 2021年12月8日:先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure(本社:フィンランド・ヘルシンキ、CEO:Juhani Hintikka、日本法人:東京都港区、以下、エフセキュア)は、世界最小のシングルボードコンピュータであるF-Secure USB ArmoryのためのストレージソリューションとなるF-Secure USB Armory Driveの提供を開始したことを発表しました。ポータブルストレージソリューションには、使いやすさ、持ち運びできるコンパクトさ、そして他人が簡単に内部にアクセスできないような安全性が求められます。エフセキュアは既にアクセシビリティとセキュリティのバランスを備え、F-Secure USB Armoryを市場に供給していますが、今回発表のF-Secure USB Armory DriveはF-Secure USB Armory上で動作する暗号化ストレージソリューションとなります。

 このストレージソリューションは、USB Armory用のファームウェアと、iOS用アプリの2つのコンポーネントで構成されています。USB Armoryのユーザーが無料でダウンロードできるファームウェアは、USB ArmoryにUSB Armory Driveの機能を追加するものです。iOS用アプリは、ユーザーのiPhoneを、このソリューションにより暗号化されたmicroSDカード内に保存されたデータの認証メカニズムに変えるものです。

 このシステムによって保護されたコンテンツにアクセスするためには、ユーザーが持つiPhoneへのアクセスと、それにペアリングされたUSB Armoryへのアクセスの両方が必要となります。この2つの要素が連携されることで、microSDカードやUSB Armoryの紛失/盗難の際でも、データへの不正アクセスを防ぐことができます。また、ソリューションの暗号化キーをノートPCやデスクトップPCに公開しないようにすることで、信頼されていないコンピューターや危険なコンピューターから情報を保護することができます。USB Armory Driveは、ICSのようにネットワークから切り離された環境や、企業経営に関する機密情報などクラウド上に保管したくないデータの移動に適しています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/623274/01_202112081015.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623274/02_202112081015.pdf