CeragonとIP Infusion、業界初、無線接続の自動最適化を可能とするWhite Box型セルサイトルーターの市場投入に向けて、提携

− Ceragon、コストを削減しベンダーロックインを解消する、ワイヤレストランスポートとセルサイトルーティング向けのオープンなWhite Box型ネットワークプラットフォーム「IP-50FX」を提供 −

 IP Infusion(本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:緒方 淳)と、5Gワイヤレストランスポートの世界的なイノベーターおよび主要ソリューションプロバイダーであるCeragon Networks(本社:イスラエル・テルアビブ、NASDAQ:CRNT、以下、Ceragon)は、本日、40億ドルの規模を有するワイヤレストランスポート市場および20億ドルの規模を有するセルサイトルーティング市場に向けて革新的なソリューションを投入することで提携することを発表しました。Ceragonは、IP Infusionのオープンコンピュート・ネットワークオペレーティングシステム(OS)「OcNOS(R)」を採用することで、オープンなWhite Box型ワイヤレストランスポートソリューションおよびセルサイトルーティングソリューションのプラットフォームとなる新シリーズ「IP-50FX」を開発し、2022年の第1四半期より提供開始する予定です。

 業界で初めて無線接続の自動最適化を可能とするWhite Box型セルサイトルーターは、ハードウェアとソフトウェアの要素を分離するディスアグリゲーションの構成優位性を持つ、IP Infusion製ネットワークOS「OcNOS」を、TIP(Telecom Infra Project)規格準拠のCeragon製の新ルーターハードウエアに搭載することで実現可能となりました。本ソリューションにより、オペレーターは、Ceragonの無線接続の自動最適化を可能とするオープンネットワーキング(Radio Aware Open Networking、RAON)の新技術を既成のハードウェア上で利用することが可能になることから、非常に優れたコスト効率およびベンダーロックインの解消を実現することが可能になります。

 本戦略的提携を通じ、IP InfusionはCeragonにカスタマイズ版「OcNOS」を提供します。Ceragonは、本カスタマイズ版のオープンアーキテクチャ上に、成長著しいワイヤレストランスポートおよびセルサイトルーティングの両市場に向けて、高度に差別化され、柔軟性に優れた独自のソリューションを開発し、市場へ投入することが可能になります。また、Ceragonは、IP Infusionの世界クラスの保守および技術サポートを活用することができます。

 Ceragon 最高経営責任者(CEO) Doron Arazi氏は、

 「IP Infusionとの提携は重要な意味を持ちます。本提携により、当社は、キードライバーとしてオープンネットワークのコンセプトを展開できるようになり、Ceragonの『RAON』ソフトウェアレイヤーを提供することで、オペレーターが業務効率を劇的に向上させ、加入者にはるかに高品質な体験を実現する、新サービス・技術の市場投入までの時間を大幅に短縮することを支援することが可能になります。IP Infusionは、当社に強力なネットワークOSを提供し、これにより、当社は、新たなワイヤレストランスポートルーティング向けハードウェアおよびソフトウェアソリューションを『OcNOS』の上に提供し、当社お客様の5G時代への移行を容易にし、新市場の開拓を支援できるようになります」と述べています。

 IP Infusion 最高経営責任者(CEO) 緒方 淳は、

 「Ceragonとの戦略的提携により、ワイヤレストランスポートおよびセルサイトルーター市場に最先端のイノベーションを提供できることをうれしく思います。豊富な機能を備えた『OcNOS』のカスタマイズ版により、Ceragonは革新的なソリューションの導入を加速することができます。『OcNOS』のコンテナ化および仮想化されたアーキテクチャ、実践的なサポート、機能の継続的な開発により、Ceragonは開発サイクルと市場投入までの時間を短縮できます」と述べています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623275/01_202112081015.pdf