シネックス、5G対応デバイス「K5G-C-100A」販売で京セラと協業

〜ドローン/VR機器等提供の強みを活かし5G環境有効活用を支援〜

 シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、5G環境構築に強みを持つ京セラ株式会社(本社:京都、代表取締役社長:谷本 秀夫、以下「京セラ」)と販売代理店契約を締結し、5G対応デバイス「K5G-C-100A」を2021年12月16日(木)より販売開始する旨、発表いたします。

 今回取扱いにより法人ユーザーは当社販売店を通じ、「K5G-C-100A」に加え、ドローン/VRゴーグル/ネットワークカメラ/8Kディスプレイ等機器とあわせたソリューション提供を受けられるようになります。

 詳細を見る( https://www.synnex.co.jp/vendor/kyocera )

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■今回提供の背景

 ウィズコロナ時代よりも以前から、少子高齢化社会による労働力不足の解決策として、国内製造業ではIoT・AIを活用したスマートファクトリーの取り組み強化が行われていました。

 加えて、エッジコンピューティングを前提としたリアルタイム分析が必要とされるケースは昨今では下記のように多岐にわたり、増加の一途を辿っています。

 ●事故を回避するための迅速な判断が求められる自動運転

 ●瞬時に人と商品の流れを把握が求められる無人店舗

 ●農地・雑草・天候等のデータによる農業用ロボット動作制御

 ●遠隔診断/治療を伴う遠隔医療

 このようなIoTによる新たな価値創造が成長の源泉となる時代のインフラとして、5G環境の実装と活用は欠かせません。が、技術面のハードルと既存システム再構築に必要な投資を考慮すると、既存の全機器を5G環境に対応させるのは難しい状況です。

 以上の点を踏まえ、5G環境構築に強みを持ち、社会課題/企業課題に対し多数のソリューション提供の実績を持つ京セラと、従来「超スマート社会」を見据えドローン・VR機器提供に注力するシネックスジャパンが協業し、5G対応デバイス「K5G-C-100A」の提供を開始することとなりました。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/623955/01_202112161346.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623955/02_202112161346.pdf