SBIビジネス・ソリューションズ、阿南信用金庫と業務提携

〜働き方改革推進に最適なクラウドサービスで地域企業をサポート〜

 総合フィンテックソリューション企業であるSBI FinTech Solutions株式会社の子会社でバックオフィス支援サービスを提供するSBIビジネス・ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:夏川 雅貴、以下「当社」)は、阿南信用金庫(本店:徳島県阿南市、理事長:佐竹 義治)と、地域企業におけるIT活用支援の一環として、当社が提供するクラウド型ワークフローシステム「承認Time」、クラウド型経費精算システム「経費BankII」及びクラウド型勤怠管理システム「勤怠Reco」を活用したバックオフィス業務支援を相互協力及び連携のもと開始することとなりましたので、お知らせいたします。

■本業務提携の背景と目的

 働き方改革関連法施行の影響や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の必要性から、地域企業においては時間や場所に縛られない柔軟な働き方を実現するテレワークへの関心が高まっております。また、近年頻発している地震や豪雨といった自然災害への懸念から、事業継続に有効な手段の1つとしてテレワーク環境の整備をより強く意識する企業が増えつつあります。

 このような状況のもと、SBIグループは地域金融機関との提携を通じて地方創生に貢献すべく、グループを挙げて様々な取り組みを進めております。本取り組みの一環として、当社は徳島県内企業と強固なネットワークを持つ阿南信用金庫と提携し、地域の中小企業向けに低コストかつ短期間で手軽に導入可能なバックオフィス業務を改善する各種クラウドサービスの導入を推進することで地域企業への本業支援に寄与できると考え、本業務提携に至りました。

■クラウド型ワークフローシステム「承認Time」について

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 「承認Time」は、稟議申請、捺印申請をはじめ社内のあらゆる申請・回覧書類を電子承認のフローに乗せることができるクラウド型ワークフローシステムです。書式作成はテキストやリスト選択、チェックボックスといった項目を選択して直感的に設定できるため、システムに関する専門的な知識は不要で、誰でも手軽かつ短期間で導入することが可能です。また、マルチブラウザ対応により、PCのみならずスマートフォンやタブレットでも利用可能で、外出中や出張先からでもWeb上で申請・承認が行えるため、滞りがちな承認作業の改善にもつながります。さらに、承認状況の可視化を実現することにより、企業の迅速な意思決定と社内文書のペーパーレス化に貢献します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/624027/01_202112171027.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/624027/02_202112171027.pdf