TIS、国立がん研究センター東病院とITでの患者の潜在的症状のモニタリングによる苦痛スクリーニングの共同研究を開始

〜患者と医師のコミュニケーションの円滑化を目指す〜

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院(所在地:千葉県柏市、病院長:大津 敦、以下:国立がん研究センター東病院)とITを活用し、患者の潜在的な症状をデータとして抽出するための共同研究を開始したことを発表します。

 TISでは、かねてよりヘルスケアの分野で人々の健康づくりを支えるヘルスケアプラットフォーム( https://www.tis.jp/service_solution/healthcare-pf/ )を提供するとともに、多様なパートナーとヘルスケアサービスを通じて、人々の健康増進や医療費削減といった社会課題の解決に取り組んできました。

 今回、国立がん研究センター東病院の緩和医療科(研究代表者:三浦 智史)と行う共同研究は、患者自身が表現しきれない潜在的な症状の訴えを新たなPRO(※1)として抽出し、そのデータをモニタリングすることで、患者の苦痛をスクリーニングし、患者-医師間のコミュニケーション改善の効果を検証していきます。

 第一フェーズとして、PROを抽出するための有効な対話シナリオを検証します。

 ※1 PRO(Patient Reported Outcome)とは、臨床試験において医師による評価ではなく、患者自らの評価や症状の訴えなどの報告のこと。

【実証実験の概要】

 ■実施期間:2021 年11月〜2022年月3月(第一フェーズ)

 ■目的:

 診察時に医師が調査票等を利用して収集している症状の有無や程度等のPROに関する情報とあわせて、患者自身が表現しきれない潜在的な症状の訴えをコミュニケーションロボットとの対話データから収集できるかの検証を行います。

 ※コミュニケーションロボットとしてTISのAIチャットボット「DialogPlay( https://www.tis.jp/service_solution/dialogplay/ )」を試験的に活用し、実現可能性を検証します。

 ■実施内容:

 ・調査票等を基にした対話シナリオの作成

 ・コミュニケーションロボットの対話データからPROの抽出

 ・データの精度向上に向けた対話シナリオの見直し、補正

 *図は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/625370/01_202201141140.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/625370/02_202201141140.pdf