NEC、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)などを不活化する「Hシールド技術」搭載ガラスコーティング剤のPC塗布サービスを開始

〜ハドラス社とPCへの塗布において独占契約を締結〜

 NECは、ビジネス・教育向けパソコンを対象に、SARS-CoV-2などのウイルスや菌を不活化する「Hシールド技術」(注1)を搭載したガラスコーティング剤「Dr.ハドラスEX」(以下、本コーティング剤)の塗布サービス(注2)を、本年2月下旬から販売開始します。

 NECは本コーティング剤のPCへの塗布においてハドラスホールディングス株式会社(注3、以下、ハドラス社)と独占契約を締結しており、様々な業界のお客様に今後1年間で10万台への提供を目指します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症との共存が新しい常識となった昨今、企業、公共機関、教育機関などでは安全に業務に取り組める環境の整備や、人々が安心してサービスを利用できる状態を保つことが求められています。その中でも様々な用途で使用されるパソコンは、アルコール液などで拭き取り消毒する方法が一般的ですが、塗布できる素材に制限がある、頻繁に拭き取りが必要なため業務に支障をきたすなどの課題があります。

 このたびNECは、本コーティング剤をパソコンに塗布するサービスを販売します。本サービスでは、NEC独自認定を取得した作業者が本コーティング剤をキッティングセンターで塗布するメニューと、お客様の指定場所に訪問し塗布するメニューを用意しました。いずれもNECブランド製品以外のパソコンも対象としています。また、新たに購入いただくパソコンに加えて、現在お客様が使用しているパソコンにも適用します(注4)。

 本コーティング剤は、プラスチックなどの染み込まない素材の上に塗布することで、空気中の水分と反応し高純度のガラス被膜を作るものです。これにより汚れや傷から守るだけでなく、独自の「Hシールド技術」によりガラス被膜に付着したウイルスや菌を不活化する効果が期待できます。本コーティング剤は、国際機関ISOによる抗ウイルス・抗菌の認証(注5)を取得しており、また日本繊維製品品質技術センターによる評価試験で、塗布後24時間でSARS-CoV-2減少率が99.9%以上になることが確認されています。さらにハドラス社による試験では、塗布後のガラス膜が5年相当まで(注6)残存することが確認されています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/625659/01_202201191158.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/625659/02_202201191158.pdf