キーボードとペンを同梱し、ワイヤレス外部モニターとしても使える

12.6型プレミアムタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」発表

 レノボ・ジャパン合同会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は本日、12.6型Androidタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」を発表しました。

 Lenovo Tab P12 Proは、大画面12.6型OLEDディスプレイを採用したプレミアムタブレットです。

 2K大画面と4つのスピーカーにより、ビデオ会議や映画の鑑賞なども快適に行えます。

 またキーボードとタッチペンが標準セットになっており、文書編集や手書き等の複雑な作業もスムーズ。

 モバイルモニターとしても活用でき、ビジネスからプライベートまで、さまざまなニーズに対応できる一台です。

 キーボード、ペンを同梱。

 12.6型OLEDディスプレイ搭載プレミアムタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」

 Lenovo Tab P12 Proは、繊細で発色の鮮やかなOLEDディスプレイを採用した12.6型Androidタブレットです。

 2K(2,560×1,600ドット)高解像度、高輝度600nit、Dolby Vision、HDR+に対応し、優れた表示性能を発揮。4つのJBLスピーカーを備え、臨場感あふれるサウンドを実現します。

 大型のタッチパッドを搭載したキーボードとスタンドカバーを同梱しており、ノートPCのように利用することもできます。さらに4,096段階の筆圧感知や傾き検知機能を備えたLenovo Precision Pen 3を付属し、なめらかなペン入力が可能。

 ペン操作の利便性を高める専用のメモアプリも用意しています。

 Lenovo Precision Pen 3は本体にマグネット接続でき、紛失しにくい設計です。

 また、Windows PCのサブモニターとしても使用可能。ワイヤレスディスプレイサポートアプリにより、本体を外部モニターとして設定できます。

 タッチ操作が行えるワイヤレスサブモニターとして活用できるため、プレゼンテーションやビデオ会議、持ち運んでの利用などにも便利です。その他、プロセッサーにはQualcomm(R)Snapdragon(TM)870、8GBメモリ、256GBストレージを搭載。

 大容量10,200mAhバッテリー、45Wでの急速充電、Wi-Fi 6対応など、優れたパフォーマンスと使いやすさを追求したプレミアムタブレットです。

 Lenovo Tab P12 Proはレノボのタブレット製品では初めて、環境問題に配慮し筐体に100%リサイクルアルミニウムを採用しています。

 また、ブルーライトカットのOLEDを採用しています。

 ※以下は添付リリースを参照

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/626000/01_202201251148.pdf

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/626000/02_202201251148.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/626000/03_202201251148.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach/626000/04_202201251148.jpg