IDaaS連携による厳格なアクセス管理でゼロトラストセキュリティを加速する「秘文」を提供

 デバイスを常に安全な態勢に保つ「秘文」とOktaの「ユーザー認証」で、運用管理負荷を大幅に軽減

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、デバイスの状態を自動で安全な態勢に保つ「秘文 統合エンドポイント管理サービス」において、IDaaS(*1)と連携し、ユーザー認証からデバイス認証、デバイスのセキュリティ態勢管理(ポスチャマネジメント(*2))までを統合したサービスを2月28日に提供開始します。第1弾は、IDaaSの世界的リーダーとして14,000社以上の導入実績があるオクタ(Okta)社のクラウド型アイデンティティ管理・統合認証サービス「Okta Identity Cloud」(以下、Okta)と連携します。今後は、マイクロソフト社が提供するAzure ADなどとも連携する予定です。

 ゼロトラストセキュリティでは、企業リソースへのアクセスの際にユーザーを認証するだけでなく、ユーザーが使用しているデバイスが許可された安全なものかを確認する厳格なアクセス管理が求められます。

 本サービスは、Oktaとの連携により、ユーザーの認証に加え、企業が許可したデバイスであることを証明書で確認し、さらにデバイスのセキュリティ状態が安全であることを確認するデバイス認証を提供します。また、秘文のポスチャマネジメントが、デバイスの状態を常に安全な態勢に自動で保持(*3)するため、システム運用者の業務負荷をかけずに、企業内のすべてのデバイスの厳格なアクセス管理を実現できます。

 日立ソリューションズは、「秘文」を通じて、場所や時間にとらわれずに安心して働ける環境や、サービスを安全に届けられる環境の整備を支援していきます。

 ※図1は添付の関連資料を参照

 *1 Identity as a Service(クラウド型アイデンティティ管理・統合認証サービス)の略称

 *2 デバイスの状況を常に把握し、セキュリティの課題に対してリアルタイムに対処することで、セキュリティ侵害を未然に防止するサービス

 *3 OSの脆弱性やセキュリティ設定などの対策については、システム管理者やユーザーの手を煩わせることなく、自動的にパッチ適用や設定変更を実施します。また、サードパーティ製ソフトウェアのアップデートなど、人手での対処が必要な場合は、システム管理やユーザーに対処方法を提示し、対策を促します。これらの仕組みにより、エンドポイントの自律的な管理を支援し、運用負荷を軽減します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach/626054/01_202201261232.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/626054/02_202201261232.pdf