日本通信、基本料290円の合理的携帯料金プランを投入

 日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、データ通信と音声通話の両方を携帯キャリアの原価ベースで調達できるようになったことをフル活用し、本日1月27日(木)より、月額基本料290円(税込)の合理的な携帯料金プラン「合理的シンプル 290」を提供開始いたします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 「合理的シンプル 290」は基本料290円(1GB付き)、通話は11円/30秒、データは220円/GBです。一般に従量プランは、使った分によってお支払い金額が決まるため納得感のある課金方法ではあるものの、どれだけ請求されるかわからないという不安があります。一方、定額プランは例えば、実際は2GBでおさまっても、2GBプランでは足りないかもしれないという不安があります(世の中の多くはこの定額プランで、他社の場合、追加データ量は1GBあたり550円〜1,100円がほとんどです)。

 「合理的シンプル 290」は、データ利用量の上限を設定できる「上限設定機能」を有し、お客様ご自身で、1GBから100GBの間の1GB単位で上限設定をすることができます。定額プランとの大きな違いは、仮に3GBに上限設定しておいても、2GBにおさまれば月額510円(基本料290円+220円)で済むことです。従量制の良さと定額制の安心感を兼ね備えた合理的な携帯料金プラン、それがシンプル290です。

■合理的シンプル290(安心の上限設定機能付き従量プラン)

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/626094/01_202201271419.png

■合理的シンプル290(安心の上限設定機能付き従量プラン)

https://release.nikkei.co.jp/attach/626094/02_202201271419.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/626094/03_202201271419.pdf