スマートフォンカメラによるバイタル測定サービスの商用提供を開始

 〜顔の動画から、血圧、心拍数、ストレスレベル等を推定〜

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2022年1月より、クラウド型健康管理ソリューション Health Data Bank(R)(ヘルスデータバンク)の新機能として、「バイタル測定サービス」の商用提供を開始します。本サービスでは、スマートフォンカメラで顔を30秒間撮影することで、顔の動画情報から血圧、心拍数、ストレスレベル等の推定値を算出します。特別なデバイスを準備することなく、生活者の心身の健康状態を確認することができることで、利用企業(団体)の健康データを活用した取り組みの可能性を広げます。

 NTTデータは、柏の葉スマートシティ(三井不動産株式会社)の生活者向けヘルスケアサービスとして本サービスを提供することを皮切りに、「企業等の従業員ストレスケア」や「健康データ利活用ビジネス」等のさまざまなユースケースに展開する予定です。

【背景】

 NTTデータは、2002年より、健診結果等の健康データを収集・蓄積・分析するクラウド型健康管理ソリューションHealth Data Bank(注1)の運用を行っています。これまで企業等の従業員健康管理や健康経営、顧客の健康データに基づく商品開発等、健康データを利活用するさまざまなユースケースに提供し、お客さまやパートナー事業者とのコラボレーションにより新しいサービスや技術の拡充を図ってきました。

 その一環として、オープンイノベーション活動「豊洲の港から(R)」(注2)を通じて、バイタルデータ等に関するサービスや技術を有する国内外複数のスタートアップ企業の技術・顧客反応調査を実施したところ、カナダのNuraLogix Corporation(注3)の技術が高い評価を得ました。さらに同社の技術を活用したバイタル測定サービスについて、2021年4〜6月にスマートシティや食品・美容等の複数業界の企業と連携した有用性検証を実施し、2021年10月には「世界体操・新体操選手権北九州大会」にあわせて選手権会場およびイオン九州株式会社が提供したイオン会場で開催された「フレイル予防を啓発するイベント Sante Gym」にて、高齢者へのプロトタイプサービスの提供を行いました。このような取り組みを通じてさまざまなユースケースでの有用性が確認できたことから、本サービスの商用提供を開始することとなりました。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/626106/01_202201271716.pdf