NSW、セゾン情報システムズのメタデータマネジメント製品「HULFT DataCatalog」の提供を開始

〜メタデータを自動収集し、データ探索の効率化とデータ活用を支援〜

 ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、このたび株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 内田 和弘 以下セゾン情報システムズ)とメタデータマネジメント製品「HULFT DataCatalog」の販売契約を締結し、本日より提供を開始します。

 企業では膨大なデータがさまざまなシステムに点在する中、“データの利活用”がデータドリブン経営を進める上で欠かせない課題となっています。HULFT DataCatalogは、企業内に分散するシステムのデータベースから、テーブル名やデータサイズ、作成時期などのデータ属性を表すメタデータをクローラで自動収集しカタログ化します。一元化されたビューから利用者自身が必要なデータを迅速に発見でき、データ活用の促進や信頼性確認を支援します。また、他のカタログ製品に比べオンプレミスやクラウドに分散管理されたデータ検索を得意とし、情報システム部門とユーザ部門の双方に必要な情報を提供します。

■ユースケースイメージ

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 NSWはHULFT DataCatalogの設計開発や運用設計などの導入支援のほか、データを統合管理するDataSpider(2021年3月提供開始)をHULFT DataCatalogに連携することで、データの分析や可視化をはじめとした業務活用をよりスムーズに実現する基盤をご提供します。また、導入後の開発保守、運用など継続的なサービスを提供し、データ活用によるお客様のDXの加速を支援してまいります

■株式会社セゾン情報システムズよりのエンドースメント

 株式会社セゾン情報システムズは、日本システムウエア様との「HULFT DataCatalog」における販売契約締結を心より歓迎申し上げます。デジタル化の急速な進展により、モノと情報が一体化し、今後ますます増加していくデータ活用のニーズにおいて、お客様課題を捉えたソリューション提案に強みを持つ日本システムウエア様との協業を通じて、お客様にとってより多くの付加価値と可能性を提供できるものと確信しております。今後も当社は、日本システムウエア様との強固なパートナーシップのもと、お客様のDX・データ活用の推進に貢献してまいります。

 株式会社セゾン情報システムズ

 執行役員 HULFTビジネスユニット長 綿貫 隆志

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/628724/01_202203181227.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/628724/02_202203181227.pdf