スマートフォンで便利に利用できる社用車管理サービスを販売開始

社用車の効率的な管理や車の鍵の非対面受け渡し、飲酒検査義務化への対応を支援

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、スマートフォン用アプリを使って簡単に社用車の予約や車の鍵の非対面での受け渡し、日常点検などの記録が行える「社用車管理サービス」の販売を2022年4月1日に開始します。これにより、企業の社用車利用・管理における業務効率化を図ります。さらに今夏には、アルコール検知器による飲酒検査義務化を定めた2022年10月に施行の道路交通法施行規則の改正(※1)に対応するメニューを加える予定で、企業のさらなるコンプライアンス遵守を支援します。

 *参考画像(1)は添付の関連資料を参照

【社用車管理サービスの概要と特長】

 今回販売を開始するDNPの「社用車管理サービス」は、株式会社東海理化と共同で提供するデジタルキープラットフォーム(※2)を活用しています。社用車管理に必要な機能を実現した東海理化の「FREEKEY社用車予約」(※3)と、DNP及びグループ会社のDNPアイディーシステムの「安全運転管理アプリケーションmamoru」(※4)を組み合わせたものです。

 *参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 ○運転者のメリット : 車両に乗車する際に、運転者自身がアルコール検知器を使用して手軽に飲酒検査を実施し、その結果や日常の点検結果の入力、車の鍵の施錠・解錠、利用終了処理など、社用車の利用に必要な一連の業務をスマートフォン1台ですべて実施できます。鍵の授受のための移動や、運転日報を紙に記入する手間が不要となり、業務負荷を軽減します。

 ○管理者のメリット : 運行日報の確認や鍵の授受などの業務に加え、毎日の飲酒検査の実施や記録管理など、飲酒検査義務化にともなって増加する新たな業務についても、Webの管理画面や専用ツールを用いてスムーズに行うことができます。

■特長

 ・スマートフォン用アプリの操作は直感的でわかりやすく、誰でも簡単・便利に利用できます。

 ・「FREEKEY社用車予約」で使用する車載デジタルキーボックス「FREEKEY Box」は、車両への取付工事が不要で、さまざまな車両メーカーに対応しており、導入が簡単ですぐに利用できます。

 ・このデジタルキープラットフォームには、電子鍵の不正な取得による車両盗難を防止するDNPの認証セキュリティ技術・ノウハウが組み込まれており、安全・安心に利用できます。

 ・「安全運転管理アプリケーションmamoru」は、2022年4月の道路交通法施行規則の改正によって同年10月に義務化されるアルコール検知器を使用した飲酒検査に対応しています。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/629631/01_202204011147.PNG

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/629631/02_202204011147.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/629631/03_202204011147.pdf