株式会社グローバルBIMがクラウドERP「ZAC」で経営管理・内部統制の強化を実現

—ZAC導入のコストメリットは人件費2人分以上(*1)に相当!—

 クラウドERP「ZAC」を提供する株式会社オロ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川田 篤 以下、オロ)は日本最大規模のBIM専業会社である株式会社グローバルBIM(本社:東京都港区、代表取締役社長:中野 隆 以下、グローバルBIM)が2017年に行った経営統合をきっかけとした会計業務の標準化・内部統制強化のためにZACを採用し、その結果、内部統制の強化、経営判断に必要なデータの取得によるタイムリーな経営管理の実現、時間と場所に縛られない働き方の推進、間接業務時間の大幅な削減(*1)に大きく貢献したことをご報告いたします。

 *1 グローバルBIM調べ

■経営統合におけるZACの4つの導入効果(*1)

1. 内部統制の強化

 ワークフローの設定が容易なため、柔軟な組織変更を検討可能アラート機能を活用した情報登録等の徹底により、常に最新かつ正確な経営数字を確認可能

2. シンプルな操作で経営判断に必要なデータを取得可能

 クラウドERPの導入で経営データの蓄積・出力がシンプルかつタイムリー不採算部門の管理・優良顧客の検討に必要な情報をボタン1つで出力可能

3. 在宅勤務の導入にも貢献

 電子ワークフロー・押印機能で、社外からも承認行為が可能在宅勤務の実現により、業務効率化や生産性向上、マミートラック問題の抑止に貢献

4. 間接業務時間を大幅に削減

 個別原価計算を自動化、電子ワークフローを活用し、間接作業を省力化毎月の押印業務を70時間、労務費の配賦計算を15時間短縮

 *1 グローバルBIM調べ

 グローバルBIM 取締役 平野 幹人様

 「法改正への対応含め、随時機能拡充されるので、システム開発・対策・メンテナンスの考慮が不要となります。そのためZAC導入のコストメリットは人件費2人分以上であると考えています。」(「導入事例インタビュー」より一部抜粋)

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/630194/01_202204111414.pdf