LINE広告の運用自動化機能の提供を開始

LINE広告とその他の主要広告プラットフォームとの一括運用&横断的な改善業務を自動化可能に

 広告運用自動化ツール「Shirofune」は、月間利用者数9,000万人(※)が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」に広告を出稿するための広告配信プラットフォーム「LINE広告」の運用自動化機能の提供を開始します。「LINE広告」自体の生産性向上はもちろん、他のSNS広告やGoogle広告、Yahoo!広告との一括運用や横断的な成果改善をShirofuneで行うことが可能となります。

 ※2021年12月末時点 LINE調べ

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■LINE広告で成果を出すために必要な日々の業務をShirofuneが自動サポート

 今回の対応で、予め「LINE広告」管理画面から出稿した広告の、入札・予算の最適化や運用改善案の提案と設定、成果分析やレポート作成をShirofune上で自動化可能になりました。

 各業務は他の広告プラットフォームの運用状況やGoogleアナリティクス等の計測ツールの情報とも連携も可能なため、「LINE広告」だけではなく、ユーザーの広告運用全般の成果改善に寄与することができます。

■6月末までLINE広告連携機能をツール利用料無料で利用できるトライアルも実施

 通常行っている、ユーザー初回登録時の60日間ツール利用料無料トライアルとは別に、6月末まではLINE広告連携機能をツール利用料無料で試せるトライアル期間を設けます。新規ユーザーの方はもちろん、既に有料でShirofuneをご利用の方や、無料トライアルの残期間が少ない方も6月中はLINE広告連携を無料でご利用いただけます。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/630734/01_202204191113.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/630734/02_202204191113.pdf