GMOグローバルサインとネクスウェイが業務提携し、「GMO顔認証eKYC」と「本人確認BPOサービス」を連携

〜eKYCを含む本人確認業務のワンストップ化を実現〜

 GMOインターネットグループのGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社の連結企業群で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン)とTISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(代表取締役社長:松森正彦、以下ネクスウェイ)は、本日2022年4月19日(火)より業務提携を開始したことをお知らせいたします。

 これにより、GMOグローバルサインが提供するAIでの顔認証によりオンラインで本人確認を完結できる「GMO顔認証eKYC」と、ネクスウェイが提供する、本人確認書類の突合確認、機微情報のマスキング、反社チェックなどに対応する「本人確認BPOサービス」のシステム連携が可能になり、eKYC(※1)を含む本人確認業務が必要な事業者は、全工程をワンストップで導入することができます。

 (※1)electronic Know Your Customerの略。オンラインで完結する本人確認方法を指します。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

【連携に至った背景】

 矢野経済研究所が2021年7月に発表したeKYC市場に関する調査によると、2020年度の国内のeKYC市場規模(事業者売上高ベース)は前年比270%の40億8,300万円となり、2024年度は63億円に達すると予測されています。(※2)

 一方で、eKYCに対応した後の本人確認書類の真贋性確認、本人確認書類と申請情報の突合確認、eKYCの判定結果を踏まえた総合的な判定作業については時間と手間を要するため、新たに本人確認が必要なサービスを始める事業者においては、法令順守を備えた業務フロー構築や人員教育に負荷がかかっていました。

 このような現状をふまえ、GMOグローバルサインとネクスウェイは、事業者の業務負荷を軽減するために、eKYCを含む本人確認業務に必要なツールと確認作業支援のBPOサービスをワンストップで提供することといたしました。

 (※2)出典:矢野経済研究所「eKYC市場に関する調査(2021年)」2021年7月27日発表

  サービス提供事業者売上高ベース、2024年度予測値は2021年7月現在。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/630747/01_202204191200.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/630747/02_202204191200.pdf