日本事務器、クラウド型エンドポイントセキュリティサービス「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス あんしんプラス」にEDR機能・MDRサービスをセットにした「Managed EDR Option」を追加

〜未知脅威の検知から対処までまとめて安心なセキュリティサービスを提供〜

 日本事務器株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 啓一、資本金:3.6億円、略称:NJC)は、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)のクラウド型の中小企業向けEDR(※1)(Endpoint Detection and Response)・XDR(※2)(Extended Detection and Response)セキュリティサービス「Worry-Free XDR」のパートナー第1弾として、同サービスとNJCの豊富な知見を活かしたEDRの監視・運用代行サービス(MDR(※3)(Managed Detection and Response))をセットにした「VBBSSあんしんプラス Managed EDR Option」を2022年4月21日より提供開始することを発表いたします。

 本サービスは、NJCのクラウド型エンドポイントセキュリティサービス「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスあんしんプラス(以下、VBBSSあんしんプラス)」の追加オプションとしてメニュー化したものです。万が一、脅威がユーザ環境に侵入した際に根本原因を特定してインシデントの調査、対処を行う新たなセキュリティサービスです。

 ※1 EDR:エンドポイントから収集した情報をもとにインシデントの調査・封じ込め・復旧などを実現する機能

 ※2 XDR:エンドポイントに加え、他のレイヤーから収集した情報をもとにインシデントの調査・封じ込め・復旧などを実現する機能

 ※3 MDR:EDRを使ってセキュリティ監視や必要に応じてインシデントレスポンスを行うマネージドサービス

 昨今、サイバー攻撃が「高度化」「複雑化」したことにより、従来のEPP(Endpoint Protection Platform)だけでは不十分という認識が高まってきています。

 NJCではこうした状況に対応するため、サイバー攻撃の事前予防としてのEPP機能に加えて、脅威がユーザ環境に侵入した際の事後対処としてのEDR機能をオプションとして提供することで、より強固なセキュリティ環境を実現いたします。

 また、こうした機能の導入後には、適切な分析手法や専門知識を持った担当者による運用が重要でありますが、人材確保やスキルの習得に時間を割くことが難しい企業では、運用面が課題となっています。

 本サービスでは、セキュリティアナリストがEDRの監視および運用を代行いたしますので、これまでのEDR導入に伴う企業の負担や課題を軽減することができます。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/630964/01_202204211100.pdf