リアル店舗のデータとdポイントクラブ会員基盤を活用し販売促進高度化に向けた実証実験を開始

〜潜在顧客へのアプローチや顧客ニーズに合ったイベント開催を可能に〜

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)、株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)、三井不動産株式会社(以下 三井不動産)、三井不動産商業マネジメント株式会社(以下 三井不動産商業マネジメント)は、愛知県名古屋市にあるHisaya-odori Parkにおいて販売促進高度化に向けた実証実験(以下 本実証実験)を2022年4月21日(※1)より開始します。

 本実証実験では、Hisaya-odori Parkの実店舗から取得する店舗の人流データおよびレジ客動向(客数、属性)の分析に加えて、ドコモが保有するdポイントクラブ会員 8,700万人以上(※2)の会員基盤と顧客理解技術(※3)を用いたデジタルマーケティングを取り入れた来店促進や顧客満足度を高める施策を実施します。また、店舗に対しても新規イベントの検討や新メニュー開発などに資するデータを提供し、来訪ユーザー・テナント店舗双方に役立つデータ活用を検討します。

<本実証実験のイメージ>

 *添付の関連資料を参照

1.背景

 NTT Comは、Hisaya-odori Parkにおけるさまざまな実証実験(※4)への参画を通じ、ICTを活用した都市における社会的課題の解決と経済発展の両立に取り組んできました。そして、2022年1月からは新ドコモグループとして、ドコモとの連携により、お客さまへの新たな価値の提供に取り組んでいます。

 また、三井不動産は、Park-PFI制度(※5)によって開発したHisaya-odori Parkの指定管理者として、商業ゾーンの運営管理を行う三井不動産商業マネジメントとともに、来園者や店舗のお客さまの利便性の向上と、新たな価値を発信する場所をめざし、さまざまなステークホルダーと連携した取り組みを進めています。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<本実証実験のイメージ>

https://release.nikkei.co.jp/attach/630991/01_202204211226.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/630991/02_202204211226.pdf